遊んで英語を学ぶべし ――ゲームによる英語学習ただしかなりコアゲーマー寄り


新宿のヨドバシカメラに行こうとして、ふと、近くの「トレーダー」に立ち寄った。ゲーム関連の中古ショップだ。2階にPCゲームのコーナーがある。

たまーにここに立ち寄り、PCゲームの欲しいのを眺めて「ああ欲しいなぁ」と思うのが習慣なのである。いつものように「ああ、欲しいなぁ」と眺めてまた階段を下りようとして、つつつ、と足を戻して(さながらムーンウォーカー)、棚の前に戻った。ぬ、これは輸入盤……

ピンポーン!

ヤバい。英語の勉強に輸入盤ゲームという選択は、私にとってハマりパターンではなかろうか。以前「Planescape: Tourment」をやった時には英語が古めかしくて断念したのだったが…ソフトを選べばもしかしたら。もしかしたら、英語の世界に行って帰ってこれない危険性さえあるのではないか。

と思っても、すぐには買わない。だってゲームの中には会話とか全然ないものもあるし、リスニングが課題の私としては、できれば音声が充実したソフトがいい。

そう考えて、帰宅していろいろ調べてみた。
まずは、手元にある「Planescape: Torment」から。

なお、英語のハードルもやはり最高難度に近いタイトルですので、ご購入の際には十分にご注意下さい。
→via Black Isleの傑作にして奇作「Planescape: Torment」がGOGに登場、価格は9.99ドル « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

やっぱり(汗) なんかすげー英語がわかりづらいんじゃよなー。……と思いながらも遊び直す支度を研究してしまう俺がいた。
とりあえずtypeZにインストールしてプレイ。95時代のソフトだから動くかなー、と思ったら、互換モードで起動したら難なく動いた。ただし画面は640×480の解像度。最初のステージだけ遊んで、いっかいQuit。

調べてみたら、MODと呼ばれる、一種の改造ソフトの中に、高解像度対応のMODがあるみたい。
Becker’s Full Install of Planescape: Torment – Bootstrike.Com
Planescape: Torment – The Bigg’s Widescreen Mod Download – Shacknews.com – Video Game News, Trailers, Game Videos, and Files
Planescape: Torment – GhostDog’s PS:T UI Mod v2… Download – Shacknews.com – Video Game News, Trailers, Game Videos, and Files
こういうのを入れたら快適に遊べるかもしれん。……いつの間にか遊ぶ話に。

 


違う違う。閑話休題。

英語の勉強について、既に廃れたスレッドみたいだけど、こんなスレ発見。
ゲーム・PCで英語上達を目指すスレ-Round1-
ちょっと情報が古いかもしんないけど、

有名所の洋RPGを参考までに挙げとくよ(主にPCゲーム)
どれも海外では評価が高いからゲームとしても面白いよ。最初はとっつき難いかもしれんが。
・Baldur’s Gate
・Divine Divinity
・Fallout
・Icewind Dale
・Might & Magic
・Neverwinter Nights
・Planescape : Torment
・TES 3 : Morrowind
・TES 4 : Oblivion
・Ultima

なんてな記述もある。あと秋葉原で輸入盤を扱っているお店の情報なんかもあった。

『Baldur’s Gate』日本語版は私も持っているし、D&D世界で大変お気に入りなのだ。Amazonで検索したら愛蔵版みたいなのが出ているようだ(しかも安い!)し、未プレイの『Icewind Dale』『Neverwinter Nights』辺り、英語でやってみるのもいいかもしんない。『The Elder Scrolls 3 : Morrowind』『The Elder Scrolls 4 : Oblivion』辺りは日本語版も話題になっているらしいし、いいかもしんない。『FallOut』は以前友人に勧めてもらったなー。
ただし『Planescape: Torment』が挙がっていることからもわかるように、この書き込みはどうも英語学習という観点からは信頼性がアヤシイ。ゲームとして面白いには違いないが。

けっこう英語学習的にイケそうだと思ったのは『The Longest Journey』と続編『Dreamfall: The Longest Journey』。アドベンチャーゲームみたいだし、絵も綺麗そうだし、ストーリーも良さそうだし、英語字幕もセリフ音声も入っていそう。『The Longest Journey』はこれまた古いせいかAmazonでも扱ってないけれど、今度秋葉原で探してみようかな。この手ので他に思いつくのは『Myst』だけど、あれあんまりセリフとか文章なかった気がするしなぁ。

こんな話をFacebookに流していたら、友人は英語版ゼルダの伝説をプレイ中とのこと。やっぱそういう人もいるんだね。

なんかあれだなぁ、30代も後半になってこんなに英語磨くハメになると思わんかった(苦笑) だったら、潔くライター時代に英語の仕事を引き受けて磨いておけば良かったナ。人は結局、自分の課題から逃れられないのか。

1件のコメント

  1. ピンバック:英語は廃れない、しかしゲームは…… 輸入盤ゲーム@秋葉原2012年2月 - Monologue-Mogalogue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です