巨人グロフは礫を片眼に喰らったが、その眼は裏返り、彼の心の中を見た


巨人グロフは礫を片眼に喰らったが、その眼は裏返り、彼の心の中を見た。グロフはそこに見たものが原因で絶命したのだ。
— パトリシア・A・マキリップ『妖女サイベルの呼び声』より

“叡知の主”サイリンの言葉。サイリンは金色の猪で、人語を解するのみならず、世界中のありとあらゆる謎の答えを知っている。彼の言葉はいつも難解で謎めいているけれど、含蓄が深い。

この言葉も、意味するところはいろいろ解釈できるかもしれないけれど、そのはっとするような鮮烈なイメージで、私の心に深く残っている。たぶんこれ最初に読んだの高校生の頃だったと思うんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です