TEDiSUB(iPadアプリ)は英語学習の神となる


TEDiSUBは脚本形式の字幕が読める
(テッド)」
という英語プレゼンスピーチサイトがある。米国で開催されるプレゼン・スピーチ大会のようなものらしい。無料で、トップレベルの英語のスピーチが聴けるというなんとも素晴らしいサイトです。

以前、知り合いに教えてもらい、英語の勉強に見よう見ようと思ってずるずると見ずにいたんだけど、iPadを入手してアプリを探すうち、「TED」のアプリがあることに気づいちゃった。これがまた快適。自分の空き時間とか関心に合わせてプレゼンを探せる。最後にCM入るけど、それも気にならない。たぶん、Retinaディスプレイのおかげもあるのかも。ハマります。

でも、私ごときの英語レベルではスピーチったって聞き取れないわけですよ。ゆっくり喋る人、急いで喋る人、英語ネイティブ、ヨーロッパ圏の非ネイティブなど英語もさまざまなんだけど、いずれにしたってだいたい聞き取れないわけですよ。せめてねぇ、英語字幕があったらな……

あったー! それがまさにこの「TEDiSUB」なのであります。SUBはSubtitle(字幕)のSUB。RはロケットのR。スはスペースのス。どっちのスだかはわかんないけど。

App Store – TEDiSUB – Enjoy TED videos with Subtitles!
[iPhone][iPad] TEDiSUB – Enjoy TED videos with Subtitles! | iPad iPhone Wire

このアプリ、「TED」純正アプリのようにテーマを選んだりはできないのだけれど、英語字幕付きで見ることができる。最新のスピーチにはまだ英語字幕ついてないこともある。でも、しばらくすれば付くみたい。しかも、話者のプロフィールのところをたまたまうっかりスワイプしちゃった時があって、そしたらあなた、脚本形式でSubtitleが流れてくる画面にたどり着いちゃったからもう大変。

画面の動画が喋るのに合わせて、字幕も流れてくるわけですよ。で、「あ、今の台詞もう一度聞きたい」と思って、台詞にタッチすると、そこまで動画が巻き戻るわけです。

なんて英語教材。なんて素晴らしい。これが全部無料だなんて。

先日読んだ英語学習の記事によれば、英語の文章を読み込んで、それから聞く、しかも繰り返し聞くというのがいいみたい。
TEDを使ってリーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4つの能力を全て高める英語学習方法~お勧めの教材(TED動画)リスト付き~  – Togetter

なので、TEDiSUBでお気に入りの動画をブックマークしたりダウンロードしたりして、何度も聞いてみようかと思います。
3~5分くらいの短いのが、気軽でいいかな。

もっと仕事を面白く、もっと職場を刺激的な場所にする8つのTED動画 ※紹介している動画は全て英語学習の教材として使えるようにまとめられています。 – Togetter
この記事に紹介されている動画とか、なかなか楽しそう。

ちょっと長いけれど最近のお気に入りはこの方。Rory Sutherland氏。心理、認知といったことをもっと極めたら、人類の生活はもっともっと快適になるはずだと、彼はユーモアたっぷりに語ってくれます。ユーロスターのスピードを上げるのに莫大な費用をつぎ込むより、もっといい方法がある、かもね……。
Rory Sutherland: Perspective is everything | Video on TED.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です