5,000円/月の価値 ――Adobe Creative Cloud


昔、「アドビ製品はむちゃ高価だよねー」という話題が出た時に、誰かが言った。「アドビによれば、『不正利用なく全員がお金を払ってくれるなら、もっと安くできる。不正コピーがあるからいけない』ということらしいよ」 その言葉を、なぜか鮮明に覚えている。そりゃ言ってることは正論だけど、現実には、全員が不正コピーしない世界なんて夢物語だしね……

いや待て Creative Cloudキタコレ。
アドビ クリエイティブ クラウド | Adobe Creative Cloud

年間6万円または月8000円で、アドビのあらゆる製品が利用できる、らしい。

すげー安いじゃん!と思ったけれど、webで見かけた意見によれば全製品のアップグレード価格は6万円前後なのだそうで、既に全部持っている人には大して価格メリットがないらしい。私みたいな新規参入の場合、初期投資が要らないのはメリットだけどねー。Amazonによれば、Adobe Creative Suite 6 Master Collection Windows版は280,000円ナリ。

webで見かけた意見でなるほどと思ったのは「勝手に最新バージョンにアップされていったら、プラグインとかどーなんのよ」というご意見。なるほど、最新バージョンが常に最高であるとは限らないのがソフトウェアの常なわけで、しかもサードパーティとの整合が求められる場面では、よりいっそう大きな問題になるわな。InDesignなんかも、入稿する印刷屋とバージョン合わせられるんだろうか。両方CreativeCloudだったら同じバージョンだからいいってわけなのか? ホントかなぁ……。
マシンパワーの問題とかもあるわけで、どんどん最新にされちゃったらマシン追いつけませんがな、てなことにも不安はありますな。

価格の問題、バージョンの問題もさることながら、私、個人的に問題なのはそのボリューム。とても使い切れねぇな……と思う反面、全部入りが欲しくてたまらないこのキモチ、わかるじゃろ。とはいえ毎月5,000円払って、全部は絶対使いこなせないし、それどころか会社のマシンじゃちょっとスペック不安かなー、となると自宅でVAIO typeZ触れる時間ってどんだけあるかなー、とか思うと、投資としては二の足を踏む感じ。払えないって額じゃないと思うんだけど、んじゃペイするのか、その5,000円に見合うだけのCreativityつまり5,000円の収入につながるだけの活用ができるのかと言われると、私じゃちょっと難しいなぁ……とも思う。つまらんのう。

「『スタンド』というのは車やバイクを運転するのと同じなのだ……能力と根性のないウスラボケはどんなモンスターマシンに乗ってもみみっちい運転するよなあ」
――荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』、虹村形兆のセリフ

兄貴 あんまりムカつくこと言わんといてくださいよ……とほほ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です