ソニーアクションカムAS用のチェストマウントハーネスが12月6日(金)発売されると聞いて


またこの阿呆は、と思われるのを承知で書きますが、チェストマウントハーネスというのは両手が空いた状態で胸のところにカメラを固定するための器具でして、さながら胸に重機関砲を装備したシュトロハイムのような状態になれます。

サーファーとかスキーヤーとか最後に「ー」が付く人種がこれをやるとかっこいい動画が撮れるようですが、陸の上でチェストマウントハーネス、しかも空いた両手にミラーレス機を持ってたりするとシュトロハイムと同レベルのイタイ人ということになります。

以前購入したアクションカム HDR-AS15にも春が来て、専用のチェストマウントハーネスが発売されることになりました。12月ということなので期待したいと思います。
以前ヘッドバンドでマウントした時は、カメラが上を向いてしまってあんまいいのが撮れてなかったからなぁ。

いずれにせよ、私がこの手のウェアラブルなビデオをウェアしてスポーツして録画すると、息切れをマイクが克明に記録して聞くに堪えないのですが、チェストマウントしたら心臓の動悸も拾われて不整脈だったりしたら死にたい。ミュートしたり切り貼りしたりするしかない。あるいはインターバル撮影で1分ごとに静止画撮影したりすれば音は記録されないしな。まぁスポーツしませんけど、滅多に。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です