最速の機能性ケースを要求するのは、銃である


あれこれスマホを入れるケースを見てきた私だが、私が求める機能の一つに「取り出しやすさ」「素早さ」というのがある。スマホを使いたいと思った瞬間に、もう手の中にある、というのが理想だ。

あれこれ見ながら考えた結果、最速の機能性ケースを要求するのは銃であるという結論に達した。

「最速で取り出す」ということに関して言えば、やはり拳銃の要求度に勝てるものはない。何せ速く出せるかどうかが命にかかわるのだ。
だから、ケータイも最速で取り出そうというニーズがあれば、拳銃ケースを模して当然であろう。折に触れて、サバイバルゲームのグッズ売り場などでスマホに転用できそうなホルスターがないかチェックしていたのだけれど、これを見つけた。

i-HOLSTER 2nd Generation エアガン・電動ガン・モデルガンの通販専門店 ビッグマグナム
Amazon.co.jp: ガンホルスター型スマートフォンケース i-HOLSTER 2nd Generation: 家電・カメラ

一時期売り切れになっていたが、先日また2ndGenerationとして再発売されていた。これは非常にそそられる。問題は、着用していると阿呆だとバレてしまう……ということだけだ。あと海外だと間違って撃たれそう

実際のところ私が使っているのはこれなんだけども
GIZMON iPhone5 iPhone5S 対応 カメラ型 ケース カバー GIZMON iCA5 MILITARY マットブラック 15004
これだって、何がいいといって、カメラを模してストラップ2点止めで首からぶら下げていると、アクセスが速いのだ。銃に次いで速応性を要求するのは、カメラなのである。

これ下げていると道行く人からも「薄いデジカメですね!」と驚嘆の声をかけられることがある。そう、iPhoneならね。でも買って半年しないうちに左上のストラップホール壊れたけどね。

3件のコメント

  1. ピンバック:だが人よ名を問うなかれ。闇に現れ闇に消える、それがドーモ、ニンジャストラップです。 - 74th Heaven

  2. ピンバック:キャリーバッグとして使えるカメラバッグしかも機内持ち込み - 74th Heaven

  3. ピンバック:なんだよもぉ……みんな好きなんじゃんホルスター(型のバッグ) - 74th Heaven

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です