紀伊國屋書店でゲームブックの棚が消えていた


新宿に行くといつも東急ハンズとヨドバシカメラばかりなので、たまには紀伊國屋書店へ……と思って立ち寄ってみた。
新宿南店 | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

たまたまTwitterでゲームブック風のメンションをもらったのをきっかけに、実家で『ソーサリー!』四部作を手に入れてきたので、創土社の新作もチェックしておくか……と思ったら、1Fゲームブック売り場が消えていた。端末で検索しても「在庫なし」なので、売り場が消えてしまったらしい。残念。

創土社が出している、旧『魔法使いの丘』の再編版。他にもいろいろ出てるけど、どっか手にとって見られるところあるかなぁ。ホビーショップとか行けばあるのかしら。

→ 創土社ホームページ
ゲームブックコンテストをやっているのね。コンテストっていうか、持ち込み歓迎的な何かのような気もするけど……。

物語も書きたいけれど、いつかゲームブックも書きたいな。自分が感じた感動とか興奮を、また誰かに伝えられたらいい。

もうこの『火吹山の魔法使い』の表紙を見ただけで胸の高鳴りが。

小学生から高校生にかけて、ハマっていたなぁ……。

扶桑社もゲームブックを復刊しているらしい。
火吹山の魔法使い
社会思想社が倒産したから、たぶん権利を買い取ったのね。

2件のコメント

  1. サイコロ

    私も近頃驚いたのですが、近所の二軒の本屋で岩波文庫の棚が消えていました。売上は関係なく、本屋の良心として、あれはなくならないような気がしていたので、ひえぇ、と思いました。

    初めてブログの方に書き込んじゃった。えへ。
    PCで見ると、やっぱりいいですね。

  2. 岩波はブックオフに一番被害受けた出版社でしょうしね…。逆風続きでかわいそうです。

    ブログコメントはレアなので(笑)ちょう嬉しいです。読む側からすると、Facebook の方が手軽ですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です