日本残業協会×スッキリ・ラボ「残業ゼロ会議」に参加してきた


IMG_0715_1
先日(2015年5月14日)友人に誘われて、日本残業協会×スッキリ・ラボ残業ゼロ会議!〜1分のかたづけで、残業もスッキリ〜 」に参加したので、その様子など。
友人のTが日本残業協会の人と友達だとかで、イベントを紹介してくれた。

■日本残業協会とは何か?

なんか名前が残業を支援するみたいだが(笑)残業する人(ザギョニスト)を支援し、残業を減らし、効率よくして会社の業績を高め、飲みに行って日本を明るくしたい、という活動をしている任意団体。03/04(水)を「差し入れの日」として認定してもらったりとかしている。「残業する人にとって嬉しいのは何か」……と考えて「差し入れは簡単にできてしかも嬉しい。もっと差し入れが根付くようにしよう!」と差し入れの日申請に至ったという。うむ! 残業する人の味方だ!

日本残業協会の作った「残業ドリンク」を試しに飲んでみた。
IMG_0719_1
コーヒーにマカなどいくつかの粉(残業パウダー)を溶かしたもので、匂いはすごいが味は割とフツー(笑) 飲む前に勇気が試される感じ。飲んでみると意外とそれほど怖くない!

■かたづけ士、小松易

残業を減らすために工夫するとしたら何だろうか……というわけで、「かたづけ」の重要性に思い至った日本残業協会。ここで「かたづけ士 小松易」さん登場。

職場のかたづけには大きく2種類あるという。

  • 制度、雰囲気の変更: 時間のかかる取り組み
  • 個人の能力、スキル、やり方を変えていく: 短期的に効果が見込める。

今回は「個人の能力、スキルに焦点を当ててワークショップ。

片付けるのが得意な人に「何がコツですか?」と訊くと、返ってくる答え(≒いい習慣)は二つ。「捨てる」「すぐに片付ける」

今回は良い習慣化のための決意表明をして散会。

■残業の定義

面白かったのは、「残業の定義」が話題になったこと。別のテーブルで「個人事業主の場合や、自分の勉強を残業と考えるかどうか」という議論になったらしい。

もがみさん的には残業の定義は

  • 残業代
  • 拘束時間

で定義されるべきだと思う。

日本残業協会が「会社の負担を減らす」と言っているように、残業代が会社の負担を上げていることは間違いない。それを減らすために、というのは一つの要素。
もう一つは、時間外の活動を「拘束されている」と感じるかどうか。それが自分のやりたい勉強なら残業ではないだろうし、自分のやりたくない、純粋に仕事上の必要からの勉強なら残業と考えればいい。

もう一つ議論の中で面白かったのは「忙しさをどう定義するか」。小松さんによれば、「多忙」と「多忙感」は違うという。充実している人は多忙を多忙と感じない。
「忙しい感じる」「充実して忙しく感じない」

「すぐに」はいつなのか、という話題も出た。すぐにと言われても、優先度の高いものが入ってくれば後回しにせざるを得ない。小松さんの考え方としては「すぐに」=「今」とのこと。それができないなら次善の策は考える必要がある。しかし基準は常に「今」でないと習慣が悪化して悪い流れになりやすい。

■まとめ

  •  日本残業協会はいたって気楽な面白可笑しい団体のようなので、引き続きウォッチしていきたい。
  •  かたづけは「捨てる」「すぐに」がキーワード。わかっちゃいるけど……を変えていかないと。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です