『ミックマック』☆☆☆★


地雷で父親を亡くし、発砲事件に巻き込まれて死にかけ、すべてを失った男。ホームレスの奇妙な仲間たちと共に、軍需企業のトップへ仕返しを試みる。
映画「ミックマック」オフィシャルサイト


前情報ゼロで見たのがけっこう良かったかもしれない。
出だしから度肝を抜かれる唖然。なにこれ、全然わかんない。
ビデオショップ店員だったが店の前で起きた発砲事件に巻き込まれ、脳に弾丸を抱え、無職のホームレスとなった主人公バジル。奇妙なホームレスの「家族」の一員となり、廃品を修理しながら生活する暮らしへ。
ある日、街で見つけた軍需企業が自分の人生を狂わせた武器の製造者だと気づき、仕返しを企む。ホームレスの仲間たちも加わり、軍需企業のトップを巻き込んで大騒動へ。
古いカメラで撮ったような、褪せた映像が面白い。監督は『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ。フランス映画らしい、作り込んだ映像に、パントマイム風の奇妙な動き。ドリーミーなシナリオと、いいバランス。
コーヒーに睡眠薬入りの砂糖を入れるとかB級な感じが可笑しい。終盤、武器商人たちへの復讐劇?はなかなかの見もの。
難しいことなく楽しめる、フランス映画です。

コメントは受け付けていません。