一過性の激痛


【2007.01.03の日記】
今日は恋人の部屋でお仕事。ノートPCを持ち込んで。
お昼とか夕食も一緒に食べました。
これ、前にも書いたかもしれませんが……。
お昼に食べたシリアルに書いてあった文言がいつも気になります。
「食べるとお腹がゆるくなることがありますが、一過性のものですので心配ありません」
……いや、お腹がゆるくなるの、心配ですから。
お腹がゆるくなるの自体、問題じゃねぇかと。
“一過性”で許されるんだったら病院はいらねぇよ。
「食べると卒倒して泡を吹くことがありますが、一過性ですので心配いりません」
「食べると全身に激痛が走ることがありますが、一過性ですので心配いりません」
イヤだろ、普通。

お正月はやっているお店が少なくて、食料を確保するのも難儀。
でも、なんとか空いているスーパーを見つけて、それで食材を調達したり。
ま、いざとなればコンビニで買って帰ればいいんだけどさ。

恋人が部屋の片付けをしていたので、ちょこちょこそういうののお手伝いをしたり。
でも私は基本的にお仕事をしてましたよ。
恋人の本棚を見て、何があるのかなーって見たり。
でも、分かる本はほとんどなかったんだけど。
せいぜい西原理恵子さんと、『返本のない日曜日』と
古い少女漫画の『シュガーベビー』くらい。
ビデオで『マトリックス』や『ベティ・ブルー』を流してました。
『マトリックス』は見たことがあるので、再見。
『ベティ・ブルー』は初見。恋人さんの好きな映画らしいです。
3時間もある映像だったのでちょっと長かったけれど、要所要所の絵が綺麗な映画でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です