こはるに恋をした。 ――マスキングテーププリンター


会社で導入したマスキングテーププリンター「こはる」。かわいいヤツです。使ってみて、思ったよりも良かった。

  • 一目見て誰もが「小さい…」と驚く手のひらサイズ。写真じゃ絶対わかんねーよ。
  • 漢字変換が意外とスムーズで、苦にならない。
  • 乾電池駆動なので、電源差したりケーブル云々みたいな手間がない。電源オン>打ち込み>印刷。
  • 感熱紙なので長期使うと色あせてしまう可能性があるので、あまり長期的なものじゃなく、短期的なものに。
  • マスキングテープなので、粘着力で汚したくないものに。
  • 電源を切ると入力したデータは消えちゃうけど、それまでは同じ文言を何度でも印刷できる
  • テープがかわいい感じなので、かわいい感じのものに。

PCにシリアルナンバーを貼るのなら、テプラの方が長期的だし絶対不変なのでいい。でもPCの設置場所を貼り付けるのなら、いずれ設置場所は変わるものだし、こはるでも十分。
後輩の子は、キッチン周りの表示に利用していた。(「スプーン」とか)

テープの色柄はたくさん種類があるけれど、幅が一種類しかないんだよな。もーちょい細いテープがあると、手帳なんかにも使う意欲が湧くんだけど。でも、けっこうかわいいヤツです。

2 thoughts on “こはるに恋をした。 ――マスキングテーププリンター

  1. Pingback: 遅ぇぞお前ら! スケジュールシールプリンター「ひより」 - 74th Heaven

  2. Pingback: こはるの立場が消えて行く ――テプラのテープバリエーション [74thHeaven]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Show Buttons
Hide Buttons