今日はイチゴ祭りだぞ!イチゴ狩り@三崎口で甘い汁を吸ってきた!


イチゴが好きな娘が3歳の誕生日を迎えたので、当日会社を休んでに行く予定にしていたのだけれど、当日カミさんと娘が熱を出してしまい、延期して日曜に行くことにした。予約した「いちごハウス嘉山農園」に電話すると「日曜日は混みますけれど…」とは言いながらも「予約時間はだいたいでオッケーですよ」と仰って頂いた。

カミさんが選定したいちごハウス嘉山農園は、低農薬で栽培しているとのことで、子供も安心。

いちごはうす嘉山農園のスポット&イベント情報 | ウォーカープラス
嘉山農園(神奈川)/イチゴ狩り特集2015~2016 – じゃらんnet
【食べ放題】パティシエも指名買いの絶品「イチゴ」! 『嘉山農園』に行ってきた(1/3) – ハピママ*

アクセス

北赤羽からスタート。池袋で湘南新宿ラインに乗り換え、横浜でトイレ休憩を兼ねて京急の快特に乗り換え。娘はまだ体調が悪いのかたびたび「帰る」「行かない」とむずかるのをなだめすかしながら、三崎口までたどり着いた。

駅の周りにはコンビニが1軒、観光案内所が1軒、小さな土産物屋が1軒…と数えられる感じで、店はあまりなさそう。レンタカーが近くに1軒あるらしいんだけど、パッと見渡しても見当たらない(注: 駅のやや南、徒歩2分のところにある丸石自動車がレンタカーをやっていた模様)。

ウォーカープラスの記事によれば

【電車】京浜急行三崎口駅から京急バス(横須賀駅行き、市民病院行き、長井行き、荒崎行き)に乗り約10分 小根岸下車徒歩3分 【車】横浜横須賀道路衣笠ICから三浦縦貫道路林ICへ、国道134号を三崎方面へ約2分

とある。 三崎口を出て、ロータリーの左端にある3番のバス停が「横須賀駅行き、市民病院行き、長井行き、荒崎行き」が出る模様。

at三崎口 時刻表(2016.01.24現在)

先に来た「横須賀行き」に乗ることにする。10分ほど乗って、「小根岸(こねぎし)」バス停で降りる。この辺りのバスは「ノンステップ」などという軟弱なモデルはないみたいで、きっちりステップがあるので、ベビーカー&女性一人とかだとちょっとキツイかもしれない。

自動車であれば、バス通り(134号線)で「よこすか葉山農協農産物直売所すかなごっそ」の前にある片側1車線の道を進むのが正解。「嘉山農園 入る200m」というデカい看板があるのでそれが目印。 我々は小根岸バス停の目の前にある小さな路地を進んだ。これはこれで、農園の近くに出ることができる。

小根岸バス停から路地へ

上記路地を進むと農園の敷地のバス通りに近い側に到着する。看板が見えるので嬉々として行ってみると、「入り口は裏です」という看板に遭遇してぐるり回る羽目になる。徒歩で来た者にとっては少々非情だ。

入り口は裏です。と小さく書いてある。

↓地図をご用意したので参考まで。地図の上の方に切れかけているのが小根岸の周辺になる。

周囲は大根、キャベツ、白菜などが並ぶ畑。うちの娘にとっては、大根が畑に植わっているのを見るだけでも初めてかもしれない。この日は寒風吹きすさぶ日で、ビュウビュウ風に煽られる。ここらはいつもこんな海風なのかなぁ。植生とかよく見たらよかった。

イチゴ狩り at三崎口 この日は割と寒かった

ついに到着! イチゴの楽園!

イチゴ狩り at三崎口 嘉山農園

裏手からぐるりと2分ほど歩いて、入り口にたどり着いた。先客が何組か、申し込みをしている。「今日はご予約のお客様のみ」とかんばんにあったので、一応予約してきた方が安全かも。とはいえ「さっき電話した○○です」と言っていた人もいたので、当日電話でもなんとかなるかもしれない。

3歳以上1700円、2歳500円、1歳以下無料。もらったプラ容器の一方には練乳、もう一方は「へた入れ」と書かれている。

入り口の周りでは野菜の直売もあり。巨人の棍棒みたいなでっかい三浦大根が200円で売られている。すげえな。鈍器かよ。帰りに一本購入した。

イチゴ狩り at三崎口 三浦大根

ここではベビーカーはハウスに入れないので、受付の近くに置かせてもらった。

しばらく待つと、数名まとめて案内された。「今日は隣のハウスなので」と隣のハウスに入る。ハウスの中は暖かくて、コートが脱げる陽気。とはいえ、置き場所がないので手荷物ではあるんだけれど。

イチゴ狩り at三崎口 嘉山農園

通路に鈴なりになっているイチゴをもぎ取って食べる。上品な甘さで美味しい! スーパーマーケットで普段食べているイチゴって割と水っぽいのかなあ、と気づかされる。ここのイチゴは隅々までイチゴの味がする。半分くらい白いのを娘がもぎってしまったので食べたけれど、それでさえ変な青臭さはない。すんなり口に入る。ぱくぱく。

イチゴ狩り at三崎口 嘉山農園

普段スーパーで並んでいるいちごがちゃんと土から採れる、ということが実感としてわかってもらえたらいいなぁ。

イチゴ狩り at三崎口 嘉山農園イチゴ狩り at三崎口 嘉山農園イチゴ狩り at三崎口 嘉山農園

30分の時間制だけどたいていの人は30分経たずに満足して帰っていく模様。 ハウスの出口の脇に小さなゴミ箱が用意されているので、プラ容器はそこに捨ててOK。

20160204_DSC07360_960px

予約限定のいちご大福もカミさんが抜け目なく予約しておいてくれたのでゲット。これまたふっくら美味しかったです。

イチゴ狩り at三崎口 嘉山農園

2016年の予定は2月いっぱいまで、とのことらしいので、お早めに。

近隣のスポット

「ソレイユの丘」という農業系の施設が面白そうだったんだけど、歩いて行くのはさすがに遠いとのこと。時間もないので諦めた。三崎口まで戻ればソレイユの丘行きのバスってのがあるらしいんだけど……。 あとはバス通りまで戻ってタクシーを呼ぶとか。

京急三崎タクシー株式会社 タクシーを呼びたい タクシーサイト

持ち物

  • ミニタオル: 一人一枚あると吉。イチゴを食べる時にどうしても指が汚れるし。

[EOF]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です