日本語の「は」が常に主語というわけではない(そしてわたしは新聞じゃない)

会社で、英語を専門的に学んだことのない子の英語を見ると、大抵この間違いが多い。日本語の「は」を主語にしようとして英文が壊滅してしまう。これは日本語の理解の弱さがそのまま英語力の弱さになってしまういい例だ。別にこの社員が特…

Continue reading

いつのまにかUmanoの読み上げに低速モードが追加されていた。

英語記事を読み上げてくれる→Umano。これのいいところは、ネイティブが書いた文章をネイティブが読み上げてくれてそれが無料。ということで、英語のリスニングが課題の私としては、非常に重宝するサービスなんである。街歩きではi…

Continue reading

英語学習に最適なPC用アドベンチャーゲーム『the Longest Journey』がMacBookPro>ParallelsDesktop>Windows8の組み合わせて動いた!

ASPYR 『The Longest Journey (輸入版)』 以前、英語版ゲームで英語力を高めようとかいう邪道な勉強方法について記事を書いた。 →そうだ、アドベンチャーゲーム(英語版)やろう。 – Mo…

Continue reading

language exchange!なSNS「Lang-8(ランゲート)」で思い出す、チャット黎明期のワクワク感。

「language exchange」というのは要するに、日本語を学びたい人と英語を学びたい人がお互いに言葉を教え合うということだ。外国語習得に非常にいいものらしいと聞く。なんでもそこから恋愛に発展するケースもあるという…

Continue reading

ニョロを英語で言えますか? ――範囲の表記

「~」という記号をずっと「なみ」で変換していたんだけれど、「Shift+^」で「~」が出ることに気づいたのは齢30も超えてから、であった。 閑話休題(それはさておき)。 これを英語で言えますか? ―学校で教えてくれない身…

Continue reading

TEDiSUB(iPadアプリ)は英語学習の神となる

「TED(テッド)」という英語プレゼンスピーチサイトがある。米国で開催されるプレゼン・スピーチ大会のようなものらしい。無料で、トップレベルの英語のスピーチが聴けるというなんとも素晴らしいサイトです。 以前、知り合いに教え…

Continue reading

英語は廃れない、しかしゲームは…… 輸入盤ゲーム@秋葉原2012年2月

先日こんな記事を書いてみた。 →遊んで英語を学ぶべし ――ゲームによる英語学習ただしかなりコアゲーマー寄り – Monologue-Mogalogue えーと、結局『the Longest Journey』は…

Continue reading

遊んで英語を学ぶべし ――ゲームによる英語学習ただしかなりコアゲーマー寄り

新宿のヨドバシカメラに行こうとして、ふと、近くの「トレーダー」に立ち寄った。ゲーム関連の中古ショップだ。2階にPCゲームのコーナーがある。 たまーにここに立ち寄り、PCゲームの欲しいのを眺めて「ああ欲しいなぁ」と思うのが…

Continue reading