アクションカム用に新しく発売されたバックパックマウントがすべてを解決してしまうかもしれない


ソニーアクションカム新時代。というほど大げさな話じゃないかもしんないけど、先日小型の新モデルHDR-AZ1が発売された。

併せてアクセサリー類も新しいのが出てた。筐体が小型化したのに合わせていくつかのアクセサリーは変更を余儀なくされるのはもちろんだけど、三脚ネジ付きのものは共通で使える。なんかおもしろいのないかなー、と思って見ていたら、バックパックマウントVCT-BPM1があった。

これはアクションカムを、バックパックのショルダーベルトに装着できるキット。常時ビジネスリュックの俺歓喜。これまでユニバーサルヘッドマウントキットを駆使してみたり、それを応用して「アクションカムAS15をウェストマウントする」なんてことをやってきたのも、まぁできるだけ怪しくなく、かつ、両手が空いた状態で撮影できる方法を確立するためであった。これならいいじゃん。バックパックマウントいいじゃん。

三脚穴に自由雲台くっつければ、いろいろ応用がききそう。バックパックだとデカいから、ワンショルダーのボディバッグとかにつけられたらいいなー、角度調節してさ。

あと運動するために自転車乗らないと、と思っているのでSONY ロールバーマウントとかも欲しい気がしている。ハンドルバーマウントより自由度高そうな気がしているんだけどどうなんだろう?

といった具合で、私の中では今なおアクションカム HDR-AS15健在。これが健在である限り、小型の新モデルHDR-AZ1は買えそうにないなぁ……。AZ1は5台同期撮影とかできるらしいのだけど、AS15は対応してないみたいだし……。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です