ソロ・サバイバルのためのAS15 on NEX 改


先日、「 ソロ・サバイバルのためのAS15 on NEX」という記事の中で、ソニーのミラーレスデジカメNEX-5NにHDR-AS15を上乗せするというイカレポンチな記事を書いたんだけども、その数日後、「GoProの意外な活用法、写真も動画もSNSもしちゃう取材セット : ギズモード・ジャパン」という記事に遭遇してのけぞった、という話を「アクションカムAS15をウェストマウントする」という記事の中で書いた。マウント記事も3本目である。どんだけマウントしてんだよ。読者からはいい加減にしろと言われるかもしれない。

その後、矢も楯もたまらず、ついに私も同様のセッティングを可能にするアイテムを購入してしまった。何度も言うけどソニーの独自規格スマートアクセサリーターミナルホットシューに変換するアダプタを噛ませてからのマウントである。

自由雲台を使うことも検討していたけれど、こちらのネジ付シューで十分っぽい。デジカメと違う方向を撮影するなんてことは逆に少ないと思うし。

Amazonのレビューを見たら、デジカメの上にコンパクトデジカメ、とかアクションカメラ、とかマウントする層がこぞって利用しているようで、なんか自分の未熟さを思い知ります。上には上(の変質者)がいるもんだ。

先日使ってみたら実に快適。AS15の方はいい動画がきちんと撮れていた

一方NEXの方は、実はマウントに関係なく調子が悪く、レンズと一緒に一度誤って落としてしまったことがあり、その時にレンズと本体のマウント接合部に歪みが生じてしまったのか、レンズ認識不良カメラが一時的に意識不明になる現象がある。特にズームリングをいじっている時に多い。おかげで今回、ズーム動画はあまり撮れなかった。
今後レンズが歪んでるのか、カメラが歪んでいるのかは何かで確認せねばならない。本体が歪んでいるのなら、α5100α6000へアップグレード、ということも考えられるけど、レンズ側が歪んでいるんだとすると……タムロンの汎用望遠レンズを買い替えるってのは、いかにもがっかりだなぁ。

One thought on “ソロ・サバイバルのためのAS15 on NEX 改

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です