#Toodledo と #RememberTheMilk へのお布施を統合する欲求に駆られる


shimbo3_013231

shimbo3_013238

shimbo3_013250

shimbo3_013263

shimbo3_013265

先日、ToBuyリストからへ移す、という決断をしたばかりなのだが。
画像ファイルを貼り込めるToBuyリストを作りたい。Wunderlistに落ち着いた – 74th Heaven

12月になると、RememberTheMilkの有料プランが更新になる。そのリマインドが届く。
Toodledo : Subscriptions
Remember The Milk – Proアカウントにアップグレード

そこで私は考えた。

現状では、ToodledoのShilverPlan(15USD/yr)とRememberTheMilkのProPlan(25USD/yr)に貢いでいる。

2014年はほとんどToodledoに触らなかった。将来的にやりたいこと、などを放り込んでいるんだけど、全般処理がおいつかず、未来のことまで手が回らない。それどころか、RememberTheMilkの中にさえ、「やった方がマシなこと」が積み上がってきている。

Toodledoを切り捨て、RememberTheMilkでボブに25USD/yr貢ぎたいのは山々だけど……待てよ、あんまメリットなくないか?

なんといっても、Toodledoは高機能である。データのエクスポート/インポートに対応しているし、タグ、フォルダ、検索の保存に対応し、タスクを自動的に仕訳して重要度別に表示してくれる。IFTTTに連携した(これは意外と重要かも…!)し、iOSアプリもある。ShilverPlan(15USD/yr)では添付ファイルが使えないが、GoldPlan(30usd/yrでは添付ファイルが使えるようになる。
RememberTheMilkにお布施を払うと、「モバイルアプリが無制限同期」「プッシュ通知」などの機能はつくけど、あんまり有り難みがない。ここは、Toodledoの有料プランに完全移行じゃないの?

あとは完全に好みの問題……ボブが好きかどうか(好きだ)、とか牛が好きか(まぁまぁ)、とか。実際のところ、RememberTheMilkのスマートな入力方式や、シンプルで見やすいタスクリストを好むなら。スワイプをたくみに使ってリストを行き来できるRememberTheMilkのアプリは、たしかに魅力的だ。

一言で言って、RememberTheMilkの方が使い勝手が良く、さくさく入力ができ、ユーザーエクスペリエンスは快適で、ユーモアのセンスもある。一方Toodledoは「ToDo管理データベース」とでも言うべきガチガチの機能を豊富に備えており、インターフェイスはちょっと(かなり)野暮ったいが、どこまでも機能性を追求する変質者に向いている。

私は、自分をわきまえているつもりだ。

というわけで、ToDo変質者としては当然、ToodledoをGoldPlanにアップグレードして、RememberTheMilkを放棄することにした。しばらくは、Toodledoの使いこなしに力を入れていきたい。

2014-12-13追記

Bye-bye, Bob!  Don’t worry, you are good enough to have plenty of friends other than me.

150105-0001

 

2015-01-30(金)追記

ToodledoのiPhone版は添付ファイル機能に対応していない模様。うーん。買い物リストを写真付きにする私の野望をToodledoにできると思ったのに。やっぱWunderlistを買い物リストに充てるしかないか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です