“Someday you’ll find somebody needs a hand. So give him a hand and think of us.” ――”Friday” R.A.Heinlein

 

“I see. Mr. Hunter, I wish there were some way I could repay you and Mrs. Hunter.”
“You can.”
“Yes?” (Was he going to ask for money? No!)
“Someday you’ll find somebody needs a hand. So give him a hand and think of us.”
“Oh! I shall! I surely shall!”
“But don’t bother to write to us about it. People who get mail get noticed. We don’t crave to be noticed.”
“I see. But I’ll do it and think about you, not once but more than once.”
“That’s best. Bread cast upon the waters always comes back, miss. Mrs. Hunter told me to tell you that she plans to pray for you.”

「わかりました。ミスタ・ハンター、あなたとミセス・ハンターにお返しできるなにかの方法があればと思いますが」
「できますとも」
「それは?」 (かれは金をくれと言うつもりだろうか? いいえ!)
「いつかあんたも、助けを必要とするだれかを見つけなさるじゃろ。そのときは、その人に手を貸して、わしらのことを思い出してくだされ」
「おう! そうします! 必ずそうしますわ!」
「じゃが、そのことでわしらに手紙を書くなどしないでくだされよ。手紙を受け取る人々は気をつけられるでな。わしらは、気をつけられたくはないんじゃ」
「はい、でもあたしはもう一つの方をして、あなたがたのことを思い出します。一度だけではなく、何度も」
「それがいちばんですじゃ。情けは人のためならずといいますでな、ミス。ミセス・ハンターはわしにこういってくれと頼みましたじゃ、あんたのために祈りを欠かさぬからと」
――『フライデイ』R.A.ハインライン(矢野 徹 訳)

“Someday you’ll find somebody needs a hand. So give him a hand and think of us.” ――”Friday” R.A.Heinlein

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です