『エターナル・サンシャイン』 出演: ジム・キャリー, ケイト・ウィンスレット 監督: ミシェル・ゴンドリー

原題は『Eternal Sunshine of spotless mind(無垢な魂の永遠の陽ざし)』。


記憶というものの混乱がもたらす一幕を、愛情を込めて描いた物語。恋愛というもののどうにもならない魅力というか、そういうのを描き出している。
ちょっとでもあらすじを知って観ると、面白さが半減しそうな気がする。そういう意味では、このブログを読んだ人は既に面白さが半減している(苦笑)
親切なのは、何も知らない誰かがいたら、まったくあらすじを伝えずにこの映画を見せてあげることじゃないかと思う。
でも、あらすじを知って観ても、心温まるかわいい映画だと思う。
いつもジム・キャリーのオーバーアクションが好きなんだけれど、この作品では比較的演技が抑えられていて、普通っぽかった。まぁそれでもやっぱりジム・キャリーなんだけれど。

『エターナル・サンシャイン』 出演: ジム・キャリー, ケイト・ウィンスレット 監督: ミシェル・ゴンドリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。