『めがね』

B00120HXCU

離島を訪れた女性と地元の人々の心の交流を描く。
なんというか、微妙な心の動きをさらっと描いた感じの作品。決してナチュラルなシナリオではないのだけれど、抑えた演出、限られたセリフのやりとりによって、静かにゆっくり人の心が傾き、動いていく様子を描いている。
始め頑なな女性が、ある意味“田舎に打ちのめされ”て、心を開かざるを得ない状況にハマっていく。ある頑なな人間が緩むのには、どうしても、というような、一種強制力が必要だという気がする。

『めがね』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。