プリンタを維持管理するのが面倒でなんとかしたい(愚痴)

IMAGEN_1
photo by PazMadrid

曲がりなりにも会社のシステム担当なので、当然プリンタだって私の管轄なんだけど、あのトナーというやつはなんとかならないものか。
機種によって適合する消耗品が違うので、機種が増えるたびトナーが増える。同じメーカーで統一していてさえちょくちょく変わるので、数年間で必ず複数の種類のトナーが在庫になる。業務上途切れると面倒なので、全機種1個は在庫をおかないといけない。

一方消耗品はトナーだけではない。レーザープリンタはドラムユニットを要求する。これは頻度は低いが、トナーより巨大で場所をとり、単価はヤになるほど高いのだ。下手すると本体と大差ない場合さえある。

もしもどこかのプリンタメーカーが一生トナーもドラムユニットも今後一切仕様を変えない、と宣言してくれたらそれを買う。それなら社内のトナー&ドラムユニット在庫を大部分減らせる。

まぁそうなったら新商品作れなくなっちゃうから、メーカーは絶対そう宣言しないだろうなぁ。

今後は製品保証半年で年間4万円ものサポート料金をとるE社をへらして、5年保証のOKIに統一したい。それでも社内にはびこるE社プリンタを根絶するまでに何年かかるだろう。買い替える前にドラムユニットも使い切りたいし。

ドラムユニットを交換するタイミングで、本体の老朽化を加味し次のドラムユニットを買うか買わないか決める。買わない場合は本体またはドラムユニットが死亡した場合に備えて、代替となるプリンタも考えておく必要があり…

こんなに複雑なんじゃ、世の中にシステム担当が必要なわけだ。モノクロ印刷が必要な状況は限られているはずで、その印刷側の設定をうまいことやればもう少し要領よくできそうな気がするが、まだ妙案がない。ちらりと念頭にある案は、カラープリンタに統一して、プリンタデバイスをモノクロ用とカラー用と分けて登録しておけば……むむむむむ。

プリンタを維持管理するのが面倒でなんとかしたい(愚痴)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です