ユニクロセミオーダーのために4店舗で採寸してもらってみた(答え合わせあり)


ユニクロ採寸

ユニクロのセミオーダーシャツがすごいという記事を読んだ。

今の私はテーラーフクオカのオーダーシャツがお気に入りだが、高級シャツは洗濯したくないというカミさんの意向もあり、ユニクロのシャツ特にアイロンの手間が少ないイージーケアモデルは需要がある。

これは買ってみるしかあるまい。公式サイトには採寸に4つの方式が紹介されている。

  1. ユニクロのシャツの寸法で測る
  2. ユニクロ以外のシャツの寸法で測る
  3. 自分の体の寸法で測る
  4. お近くのユニクロで測る

ここでカミさんと意見が分かれた。カミさんは「2.ユニクロ以外のシャツの寸法で測る」をイチオシ。テーラーフクオカのシャツがある以上それで測ればいい、というのだ。

専門家に絶対の信頼を寄せる私は「4.お近くのユニクロで測る」を主張した。1〜3の方式はしょせん素人である。「4.お近くのユニクロで測る」だけがすべてを専門家に任せ、信頼性の高い数値を得ることができるのだ。

カミさんは言った。「だってどうせお店のバイトの子が測るんでしょう? 素人だよ」

なんということを言うのだ。バイト三日会わざれば刮目して見よ。彼らは日夜採寸の要求に晒されている。その技量は素人と雲泥の差ではないか。

「ユニクロで? 一体何の採寸をするわけ?」

カミさんは呆れた様子で勝手にしたらいい、という雰囲気になったので私は意気揚々とユニクロ採寸の機会を伺っていた。

(今回訪問した店舗はたまたますべて頭文字Aなので、便宜上A1、A2、A3と呼ぶ)

A1店

会社を少し早めに出られた日に、近所のA1店に行くことにした。店内で適当に店員を捕まえ、セミオーダーシャツの採寸をお願いしたところ、彼女は私を試着室に案内してくれて、そこにいる店員に引き継ごうとした。

「え、自分で測れないの?」

私のセリフではない。イケメン店員が女の子にそう突っ込んだのだ。女の子はバツが悪いといった顔をして何かもごもごと言った。

「どうやるんでしたっけ」

何か雲行きが怪しくなってきた。私としては目の前のやりとりをまったく無視もできない。カミさんの発言がどの程度真実なのか確かめたい気もチラッとした。
思わず「練習台にして頂いていいですよ」と言ってしまった。バカバカ、なんでそういう余計なこと言っちゃうんだ俺は。店員は大変恐縮しながらも、女の子に指導を始めた。

小難しいサイズ早見表を見ながら彼女は順番に測っていく。男性店員は「まずチェストとウェストで全体のサイズを出して、それがこの範囲に収まっていたら、既製品に合うから棚にご案内して」

成ル程。オンライン限定では店舗の売り上げにならないけれど、既製品の範囲に収まるようなら店舗で売り上げることもできるわけか。そういう意味では、「興味を持った顧客を逃がさない、できるだけ早い段階で商品を手に取らせる」という戦略に載っているわけで、オペレーションとしてはなかなか鋭い。さすがその辺はユニクロ……

というわけで、私のボディサイズはMと判定された。レギュラーフィットとスリムフィット、どちらにするか訊かれたはずだが忘れた(サイズ判定には、レギュラーフィットかスリムフィットかの選択が必要となっている)

2015-10-20 20.44.36

チェスト89cm ウエスト85cm 首回り39cm 裄丈78.8cm

もちろんマニュアル通りに、既製品も勧められたが、個人的には首周りの広いシャツにしたいので、いったんはお断りし、店を出た。

しかし服の上からとはいえ、ウエスト85cmもあるかなぁ。先日の健康診断では80.4cmだったんだけど……。彼女の手つきのおぼつかなさにやや不安を覚えた。邪悪な考えが芽生えたのはそのときであった。

そうだ、別のお店で答え合わせをしてみよう。

A2店

また別の日に、たまたま買い物に出た街A2店。ビルの3階にユニクロが入っていることを思い出して、採寸してもらうことにした。

前回A1店でフィッティングルームに案内されたので、今回は先手を打ってフィッティングルームをのぞきこみ、そこにいた男性店員を呼び止めた。 「シャツのセミオーダーをしたいので採寸をお願いしたいんですが……」

彼は「はい?」とわからない顔をした。

「シャツのセミオーダーをしたいので」と繰り返した。

彼は「ああ、かしこまりました」と言って採寸を始めた。え、前回の人が見た表とか全然見ないの?

彼は採寸した後、ワイシャツの棚に私を連れて行き、袋を手にとると、そこの数字を見せながら「お客様の体型ですと、Sで大丈夫じゃないですか」と彼は言った。

……いや、待て待て。私身長が175cmあるんですけど。サイズS着たことないんだけど。てゆーか、セミオーダーの意味わかってないだろ。

彼は、ユニクロが実施しているセミオーダーのサービスがあることをまったく知らないようだった。

当然、前回くれたような「サイズメモ」ももらうことができず、「サイズS」という不審な判定だけをもらって私は店を出ることになった。

A3店

さすがに不信感を抱いた私は、A2店からの帰りにA3駅で降りた。店の前のショッピングモールにユニクロが入っていることはわかっている。

前回同様、フィッティングルームで女性店員を捕まえた。「オンライン限定のセミオーダーシャツを試したいので、採寸をお願いしたいんですが」と伝えると、彼女はすぐわかったようで、「では、こちらでお待ち下さい」とフィッティングブースに私を案内し「少々お待ち下さいね」と言ってまた戻っていった。

どうやら、私をブースに案内して、私から見えないところで早見表を熟読しているようだ。接客のあり方としてはスマートである。チェストを測っては戻り、ウエストを測っては戻り……と彼女は3往復しながら、採寸を終えた。

2015-10-26 12.38.42 チェスト89cm ウエスト88cm 首回り41cm 裄丈78cm

採寸の手つきは少々おぼつかない。ウエストを測る時にもあまりにそっと測るので、身体のサイズを測っている感じではない。床屋で慣れない新人が洗髪をやると、怖々やるので全然洗ってもらった感じがしない、あれと同じだ。

フィットはどちらにするか訊かれて「スリムにします」と答えると彼女は例の早見表を見ながら「チェストはMサイズなんですけれど、ウエストはLサイズですね。Lでいいんじゃないでしょうか」と教えてくれた。「ウェブにこの表があると思うので、ご自分でも確認できますよ」とも。

スリム

スリムLか……3店舗回って、SML全サイズ取り揃えてしまった。いや、いくらなんでもこれは読む人に信じてもらえない。ブログのネタをねつ造したと思われても仕方ない……実話なんだぜ……。

旗艦店

ここまで来てふと思ったのが、「さすがに旗艦店ではそんなことはあるまい」という希望であった。そう、すべての店舗をまとめるフラッグシップ。おお、偉大なるフラッグシップ

そこで、まあ、ここまで乗りかかった船だから、というわけで、旗艦店のS店へ出向いたのである。伏せ字にする意味ないけど。

3階のメンズの売り場をぐるぐる歩いて、シャツの売場を見つけた。割と人の少ない時間帯を選んだのたが、驚くほど客がいる。さすが旗艦店。手が空いて暇そうな店員は一人もいない。さすが旗艦店

しばらくウロウロしてみたが、声をかけられそうな店員がまったく見つからない…いや一人だけいた。もう見るからにバイト然としたバイトの若者が、カーディガンを丁寧に畳んでいる。旗艦店の誇りをこの若者に託すのか。若い。それにはあまりに若すぎる。でも他にいないのだ、丸っきり。

意を決して私は彼に声をかけた。

「あの…」

彼はハッとしたように振り返った。私は彼によく分かるように棚に貼られたセミオーダーのポップを指さしながら言った。

「このウェブ限定のセミオーダーを頼みたいので、採寸お願いできますか?」

彼は「ああ!」と納得した様子でハキハキと「今、詳しい者を読んできますのでお待ち下さい」と走っていった。……なかなかできる奴じゃないか。

しばらくして、彼は一人の店員を連れてきた。さっきから何かインカムに向かって話しながら小走りに行き来していた男性店員だ。これだよ。彼になら旗艦店の誇りを任せられるだろう。

「シャツをお選びになりたいとか」

おや、話が正確に伝わっていないようだ。また私はポップを指さした。

「このセミオーダーの採寸を…」
「ああ、ではこちらへどうぞ」

言われるままに試着室へ。これも想定通りだ。彼はそこにいる女性に小声で話しかけた。

「例の採寸表どこだっけ」

二人は引き出しからいつもの早見表をとメジャーを取り出し……そして男性は熟読し始めた。再び不安が押し寄せる。

彼はおぼつかない手つきで、私の採寸を始めた。A3店の女性とどちらがおぼつかないか、良い勝負だ。以前テーラーフクオカで採寸してもらった時のスマートな採寸とは似ても似つかない。終わった後、いちいち私にメジャーを見せて「このくらいですね」と数字を読ませるのも、今ひとつ採寸らしくない。君が数字を読むんじゃないのか……。

チェスト90cm ウエスト86cm 首回り46cm 裄丈79cm

サイズメモにすべて書き込んだ後で、彼はサイズ早見表を穴が空くほど見つめた。「スリムフィットとレギュラーフィット、どちらになさいますか?」「スリムで」と伝えると、彼はスリムフィットの早見表を指で追いながら、首回りと裄丈をにらめっこしている。

私はもうこの早見表を見るのが3回目なので、完全にわかっていた。きみ、チェストとウエストでまずサイズを見るんだよ。首回りと裄丈を見るのはその後だ。でなきゃまるっきりボディに合わないだろ……。

彼はしばらく目を白黒させていたが、意を決したように私に話しかけた。 「お客様、首回りをもう一度測らせて下さい。少し、違っていたようで」

2015-11-02 18.38.43
チェスト90cm ウエスト86cm 首回り46→42cm 裄丈79cm

彼は採寸の経験がなかったので、首回りに余裕を持たせ過ぎたのだ。

彼の判定はスリムフィットでL。彼がチェストやウエストを見たかどうかはややアヤシイ。

彼が一つ正しかったのは、サイズメモにスリムフィット、と手書きで加えたことだ。このサイズメモの書式でフィットに関する記入場所がないのはおかしい。

というわけで測らずも(?)カミさんの勝ち

あにはからんや、「だってどうせお店のバイトの子が測るんでしょう? 素人だよ」 というカミさんの発言を裏付ける結果になってしまった。こんだけ店舗が力を入れていないと、なんだかセミオーダーをする意欲もしぼむ。

数字のばらつきを見てみよう。

チェスト
A1店89cm A3店89cm 旗艦店90cm

ウエスト
A1店85cm A3店88cm 旗艦店86cm

首回り
A1店39cm A3店 41cm 旗艦店46→42cm

A1店78.8cm A3店78cm 旗艦店79cm

チェストは89〜90cmでいいようだ。

ウエストは、見栄を含めて85cmでいいと思いますけど。

首回りは42cmくらいということでいいだろう。実際のところ余裕を持たせたいので、少し多めに見たい。46cmはやり過ぎとしても。

裄丈は78〜79cmで安定している。

先の採寸表と見比べると、首回りなどはLサイズで41〜43cmしか用意されていない。これが採寸次第で39cm〜42cm簡単にずれるとなると、ちょっと購入がためらわれる。

買いたいからこそ悩むわけ。自分で採寸

というわけで、何を信じて良いかわからなくなったので、テーラーフクオカで作ったシャツで、自分で採寸してみた。洋裁師の母親を持つ俺の採寸テクニック、見せてやろうじゃんかよー! 親の仕事を手伝ったことは一度も無いが。

シャツを採寸する場合は身体を測る場合に比べて基準が変わるので、店舗のチェスト数値と一致しない点にチューイ。

DSC05086
チェスト 62cm 首回り 41cm 裄丈 81cm

意外、この数字で作ると私のサイズはXLになる。チェストが非常に大きい。これには思い当たることがあって、私は店頭で作る際に「比較的ゆったり」というリクエストを出したのだ。念のために別の店で作ったシャツをもう一枚測ってみたが、そちらのチェストは55cmになっていた。これだとレギュラーのMかスリムのLといったところだ。けっこう変わるねー。(首回り、裄丈は同じだった)

結論: 自分でコントロールする意識を持つ

オーダーシャツを作った時でさえ、店頭のちょっとしたやりとりで5cmもチェストが変わるんだとすると、その辺りをきちんとコントロールすることが大事、ということにせざるを得ない。結局、自分の着るものを自分で指図して作るのだ。

◆プランa: ボディをゆったり

レギュラーフィットXL、首回り43、裄丈80.5

首回り41に対して43を着るのはさすがに広げすぎじゃねーかという気もするが、XLでは43が最小の首回りなのだ。この辺がセミオーダーの限界か。テーラーフクオカのシャツは、ユニクロセミオーダーでは作ることができない。

◆プランb: 少し胴と首を引き締めて

レギュラーフィットL、首回り42、裄丈80.5

たぶん妥当な選択肢。テーラーフクオカのシャツより身幅は狭く、首回りだけ少し余裕を持たせた形になる。裄丈は少々短くなるが、余るのは私は好きではないので。

◆プランc: 思い切って(無理して?)スリムに

スリムフィットXL、首回り43、裄丈81.5

ちょっと無理してスリムにしたければ、スリムフィットのXLに押し込む。首回りは逆に余る。……体型に比してちょっとアンバランスな気がするのは気のせい。

◆プランd: ギンギンに締める

スリムフィットL、首回り42、裄丈81.5

首回りを合わせておいて、身体はもうコンパクトパッケージフォールド。もう一枚あったオーダーシャツは比較的これに近い構成。

せっかく値段も安いので、いろいろ形を変えて買ってみて自分に合うのを探してもいいのかもしれない。プランbとプランdで買ってみようかな……首回り43はさすがにちょっと躊躇われる。

後日追記

届いたシャツを着てみたところ、プランdでもちゃんと着られた。これが一番スリムに見えていいかな……太れないが。

答え合わせ……

ところで、ユニクロのwebには首回りと裄丈について「ユニクロ店舗や自分の身体で採寸した人は+2cmのサイズを目安に」という但し書きがある。これを基準に算出すると、採寸では首回り39、裄丈79が正解。最初のA1店舗でのバイト?の子の採寸が、一番正解に近かったことがわかる。

それにしてももうちょっと店舗への指導はした方がいいのではないか。忙しいのはわかるけど。

参考URL

私より辛辣な人がいた(汗)記事の後半では生地のことなど誉めているけれど。

実際は店によって採寸の対応がバラバラなのです。筆者は今回、東京都内のユニクロを5店舗回って「きれいめシャツ」のための採寸をスタッフにお願いしてみました。すると、店によって計測姿勢や計測場所、サイズの記入用紙はほとんど統一されていないことがわかりました。計測値にも大きなバラツキがあります。
–via ユニクロができていない「基本中の基本」 セミオーダーシャツに大問題が隠れていた(2ページ目)- 記事詳細|Infoseekニュース

こちらもだいぶ辛辣(笑)
ユニクロのセミオーダーシャツが全然オーダーになっていない | 東京SUITS

なんかやっぱりこのくらいのお金はかけてもいいのかも……。
オーダーシステム テーラーフクオカ

2016-03-25(金)追記

ユニクロから「セミオーダー感覚で選べるファインクロスシャツ」に関するアンケートご協力のお願いというメールが届いた。

20160325_160325-0002_960px

問題意識はあるようで、店舗スタッフの項目は必須回答となっている。

20160325_160325-0003_960px

 

[EOF]

33 thoughts on “ユニクロセミオーダーのために4店舗で採寸してもらってみた(答え合わせあり)

  1. Pingback: 2015年に作成された人気記事 [74thHeaven]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です