『夏のルール』 ショーン・タン


以前『The Rabbits』を読んで以来、けっこう注目している絵本作家。

繰り返し登場するモチーフ。特にカラスと王冠。

ショーン・タン『夏のルール』

ホロコーストなのか、人の姿をしている者は主人公?の2人の子どもだけ。

ショーン・タン『夏のルール』

ショーン・タン『夏のルール』

前半では必ず各ページにいたはずのカラスが、終盤は登場しなくなる。前半では「もしかするとカラスが主人公なのか……?」と疑ったけれど、終盤を見た感じではやっぱり違うような。

ショーン・タン『夏のルール』

ちょっとエドワード・ゴーリー的な凄みもある。得体の知れない不気味さ。

最初、育児ブログに載せようかと思ったけれど、あんま子ども向けじゃないな、と思い返してこちらのブログに載せることにした(苦笑)


『夏のルール』ショーン・タン

『夏のルール』 ショーン・タン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Show Buttons
Hide Buttons