MacBookPro17インチearly2011をスペックアップする

我が家にあるMacBookPro 17インチ early2011を再稼働させてみた。

HighSierraまでアップデートしてみたのだが、メモリが4GBだと動かすのがやっと。

このデスクトップ並みにかさばる17インチに期待しているのは、自宅でScanSnap → Evernoteの母艦になってくれることなのだけれど、Evernoteをインストールして起動してみたら、Evernoteのメモリ使用料が3.6GBを示し、文字入力もできないほど遅くなったので、スペックアップする必要を感じた。

webの情報など参考に、パーツを見繕う。

メモリ16GBが7,000円前後、SSD 1TBが12,000円と少し、併せて2万円ほど。NASのHDD増設も検討してたけど、これはもう少し後に回そう……。

星形のトルクドライバーはたしかうちにもあったはず……とこれは一応確認。たぶん大丈夫。

けっこう面倒を覚悟していたのだけれど、webの情報の通りにやってみたら大した手間ではなかった。この頃のMacは増設しやすかったんだな……

幸いこのMacはDVDドライブがあり、インストールDVDも手元にある。OSの再インストールをした。

HDDを認識していないかと思って一瞬ひやっとしたが、私がディスクユーティリティの存在を忘れていただけだった。無事初期化。

起動してみると見違えるように快適になった。

TimeMachineから復元しようとしたが、High Sierraのデータを復元するにはそれなりにバージョンを上げないといけないようだ。結局、HighSierraまで戻してデータを復元した(復元するほどのデータも入れてなかったのだが)。

結果的には「メインマシンにしてもいいんじゃないの?」というくらい快適な仕上がり。今どき、1TBも容量のあるMacは貴重だ。心置きなくScanSnap / Evernoteの母艦にできる。

MacBookPro17インチearly2011をスペックアップする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です