「こどもがはじめて使うクレヨン」ベビーコロール


ベビーコロールは、「こどもがはじめて使うクレヨン」として作られたクレヨン

20140727101142
20140727101145
20140727102103
20140727102138
20140730082054

ベビーコロール |プリヴェAG株式会社

私のライフログ記録庫となりつつあるEvernoteの中で、最初にベビーコロールが登場するのは「2011-02-11 14:30:00 国立新美術館」と題したメモで、そこにただ一言「ベビーコロール」と書いてある。ああ、そうだ、国立新美術館のショップで見かけて、気に入ってメモをとったのであるな。まだ娘がいない頃のことである。

その後、私はなぜかこのアイテムをよく出産祝いとかなんかで利用し、最終的には自分の娘にも持たせることとなった。

机の上から落とした時に一本だけ、ピンクがぽっきり折れてしまった。折れやすいのかと思ったが、それ以後、何度か机の上から落としても割れたことはない。当たり所が悪かったようだ。

娘は最近、これを気に入ってよく積み上げている。まだ絵を描くというよりも、積み木としての価値の方が勝っているようだ。

一度私が指を突っ込んでとんがりコーン的なアプローチをしたら、それも気に入ってよく指を入れて遊んでいる。

たまに口にくわえているけど、ベビーコロールのことだからたぶん大丈夫だろう。

最近「くれょん!」と言ってベビーコロールを持ってくるようになった。積み上げるのも日に日に上達している……。

「こどもがはじめて使うクレヨン」ベビーコロール
Tagged on:     

6 thoughts on “「こどもがはじめて使うクレヨン」ベビーコロール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Show Buttons
Hide Buttons