武相荘

20070323163532.jpg実業家にして政治家にして趣味人であった白州次郎と、その妻であり文筆家であった白洲正子が暮らしていた家が保存されており、さまざまな展示を行っているということで、恋人と一緒に鶴川へ行ってみた。


駅から15分くらい歩いたかな。ユニクロの駐車場を越えたところに看板があり、そこを曲がっていくとすぐ武相荘に着いた。僕たちが到着した時にはちょうど観光バスのおばさんがたが到着したばかりで、あまり落ち着いた雰囲気とは言えなかった……。

20070323163748.jpgちなみに僕自身は白洲夫妻のことは何も知らなかった。Wikipediaで調べてみると、なかなかの好人物だったことがわかる。
白洲次郎 – Wikipedia
家は古い農家で、二人で住んでいたのだとしたらかなり広い。書斎(おそらく正子夫人の)なども残されてあり、いかにも文人といった感じの部屋で趣き深かった。
とはいえ、展示自体はそれほど大したことがなく、恋人はややがっかりした様子だった。まぁ著名人の生家なんてあんなものだと思うけれど、彼女はどうやらよほど期待していたらしい。

武相荘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です