紙の縦と横を英語で言うと……

先日ふと「縦長と横長って英語でなんて言うんだっけ?」と疑問に思い、ネットで調べてみた。
『英語屋さん』の翻訳薬膳 : portrait/landscape (縦/横向き)

しかし、英語にはこれとは別に、portrait(縦向き)、landscape(横向き)という言い方がある。portraitには「肖像画」、landscapeには「景色」という意味があり、おそらくはそういう用途に由来した言い方だろう。今日ではその原義とは別に、画像や用紙の向きについて「縦向き」「横向き」という意味でも使われている。

ふうむ、なるほど。そういう表現ですか。
しかし、ちょっと待てよ。なんか文具屋でよくA4Eとかって書いてることがなかったっけ? 縦長がEだったような……あれ?
と思って、文具屋で調べたら、S型とE型だった。主にファイル用品とかで言うみたい。検索したらこんな記事が見つかったよ。
◆株式会社洋文堂 FAQのコーナー

そこで、どのメーカーでも、紙の長い辺を綴じるものをS型(サイド綴じ)、短い辺を綴じるものをE型(エンド綴じ)と呼ぶようになっています。

そーかサイドとエンドか。
納得。

紙の縦と横を英語で言うと……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です