『自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う ―自分の本』

恋人のところで見せてもらった本。サンクチュアリ出版の創業者はちょっと面白い人で……という文脈の中で、彼女はこの本を持ってきて僕に見せた。
『自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う ―自分の本』
編集の仕事がわかるガイドブックとして非常によく出来ていると思う。出版で仕事をしようと思う学生は、一読するといい。
こーいう、仕事のイメージが湧くような就職ガイドって、なかなかない。ま、この本は就職ガイドじゃないんだけどさ。でも、ある仕事の内容がすっきりわかる、というのはホント就職ガイドとしていい。
イメージを伝える、というのは、達人というか天才というか、そういう人にだけ可能なことなんだと、この本を見るとわかる。「伝える」というのはそれだけでもう高等技術で、それを使いこなせるのは一握りの人間だけなのだ。この本は、編集者がするべきことのイメージをきれいに伝えてくれる。
ちなみにその創業者ってのが、高橋歩という人で、こんな人らしいんだけれども。
AYUMU CHANNEL – Ayumu Takahashi Offical Web Site

『自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う ―自分の本』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です