BRAVIAの機能が多くて楽しい!

2月にBRAVIAの32インチが我が家に届いて、それまで10年以上も使っていたと思われるブラウン管のテレビと交代させたんだけれども、ホントに高機能なんですげー! あ、うちのは一番普及価格帯の、4万円とかそのレベルの32インチBRAVIAですからね。それでさえすげー!

 

しかも今思えば、BrAVIA買った当初は性能を半分も使っていなかった。その後研究が進み、地上波を見る、以外の使い方でヒットしたものをご紹介しておきたい。

■USBメモリを差し込んでビューアとして使う

画像が入ったUSBメモリを常に差し込んでおくと、電源を入れた時に「USBメモリを認識しました」という表示が出て鬱陶しいがすぐ慣れて気にならなくなる。そしていつでも画像を見ることができるので、友だちに自慢したい写真はこうやって差しておくが吉。
BRAVIAの大画面がデジタルフォトフレームになるわけで、良い。

■パソコンとHDMIケーブルで接続して外部モニタ&外部スピーカ扱いする

HDMIケーブルはちょっとお高いけれども映像と音声を1本で送信できる便利ケーブル。最近のノートPCにはHDMI端子の一つくらい付いていることも多い。これでもってBRAVIAと接続してやると、あっという間に外部モニタとしてノートPCの画面を拡張できる。広い画面で作業ができて便利。
あとスピーカーもパソコン本体のへちょいスピーカーではなくて、BRAVIAの高性能なスピーカーを外部スピーカーに使えるので、だいぶ音声がいい。BRAVIAは部屋の中央に設置されているので、音の発信源としてもいい位置にある。iTunesで再生する音楽を楽しむのがぐっとムーディな感じになる。今もちょうどサイモン&ガーファンクルの「Sound Of Silence」とか流れてきて、イイ。

■LANケーブルでインターネットに接続してYouTube

最近のBRAVIAはLANケーブル端子をお備えになっておられ、そこにLANケーブルを挿し申し上げることによって機能を拡張あそばされる。YouTubeが見られるのがまずすごい。見たい番組がない時なんか、BRAVIAでYouTube見ておればいいのだよー。文字入力して検索するのがちょっと手間だけれども、操作系は全般に使いやすくできていて、ストレスが少ない。
ちなみに前述のようにHDMIケーブルでPCから画面をとることもできるので、PCの方でYouTubeを開いて鑑賞することもできる。古いPCとかあるなら、BRAVIA専用に一台つないじゃっておいてもいいかもしれない。

■LANケーブルでインターネットに接続してTwitterほか

そしてTwitterとかも見ることができる。YouTubeと同時に見るのはどうも実現できなかったんだけど、地上波を見ながらTwitterのタイムラインをチェック、みたいなことはできそう。

 

以上のようにBRAVIAができることがいっぱいあって、お得感がたっぷりなのであった。嬉しい。

BRAVIAの機能が多くて楽しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です