Xubuntuにズブとハマってアンインストールに苦労した件

古いノートPCを利用してXubuntu(ズブンチュ、Linux系OS「Ubuntu」の派生)をたしなんでみたのは大変良かったのだけれど、人に渡すためにまるごとリカバリしてみたら、なおもXubuntuが根強く立ち上がるゾンビみたいなPCになってしまった。なんてヤツだ。リカバリしても蘇るとは……。

いろいろ調べてみたところ、いろいろな事実がわかってきた。全貌を理解するってのは難しいもんだ。Xubuntuをインストールする前に理解していたらよかったんだけど。

  • そもそも、Windows環境にXubuntuをインストールするんだったら、Windowsを起動し、XubuntuDesktopのCDを入れて、CDに表示されるWubiというソフトをクリックしてインストールするのが最良。アンインストールも簡単(らしい)。
  • ひとたびWindows環境にXubuntuをフルインストールしてしまうと、MBR(マスターブートレコード)が書き換えられてしまう。つまり起動時の優先権をXubuntuに書き換えられてしまうため、何をやってもXubuntuが立ち上がる。なおファイルシステムがWindowsと違うので、Windows系のリカバリディスクでリカバリしても、Xubuntu系に属するファイルは無視されて残ってしまうらしい。やれ、やっかいな。

というわけで、Xubuntuのアンインストールについては

  • Wubiを使ってインストールした場合は、WindowsXPで起動し、「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」から「Ubuntu」をアンインストールできる(らしい)
  • MBRを書き換えてしまった場合は、めんどくさいことになる。

MBRを書き換えてしまった場合の対処については、このサイトが一番詳しい気がする。
→Ubuntuのブートローダーを撤去する_Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
→MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows XP)_Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ

問題は「リカバリディスク」ではなく「インストールディスク」が必要ということ。
たとえば、私の購入したVAIOなどはインストールディスクが付属しない。そのため、回復コンソールを入手することができず、苦労を強いられる。
幸いにして私は別のPCのインストールディスクがたまたま手元にあったおかげで、MBRを修復することができた。

けっこう勉強になったというか、Wubiを使えばむしろ簡単にOSの共存も可能だし、アンインストールも簡単ということが理解できた(気がする)ので、今度また別のパソコンが余ったら、共存環境にしてみたいと思った。
あんまり余ることないけどね、私の場合……。

■参考サイト
→MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows XP)_Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
うんぬんネット Ubuntuの削除の仕方
「Ubuntu – Wikipedia」におけるWubiの項目
「WubiでUbuntuとWindowsをデュアルブートするには – Ubuntu Japanese Wiki」におけるアンインストールの項目

Xubuntuにズブとハマってアンインストールに苦労した件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です