手帳用ボールペンを選ぶ基準

手帳用のボールペンを選ぶときには、いくつかポイントがあると思う。ざっと以下のような点を気にする。
◆可搬性
◆頭が出るか
◆線の細さ


「可搬性」は「コンパクトであること」はもちろんなんだけれど、勝手に芯が出るとか、圧力がかかった時に壊れたり勝手に芯が出て周囲を汚したりしないか……というような部分も関係する。
個人的にけっこう使っているのはSAILOR S-2ボールペン。公式サイトに写真が載ってないのはけっこう酷いと思う。
◆S-2 ボールペン・ステーショナリー・文具の卸販売-スーパーデリバリー
シンプルで小さくて、非常に使いやすい。私が使っているのは、酷使しているせいか、先のネジ部がたまにゆるむようだけれど、それをキュキュと締め直しながら使うのもご愛敬。
もう一個、大好きなのはPILOTのバーディスイッチ。
PILOT | バーディスイッチ
PILOTには昔、「スイッチ」という3000円くらいの複合ペンがあって、非常に気に入っていた。今はもう生産していないみたいなんだけれど、このバーディスイッチはそのスイッチからのスピンアウトみたいな感じ。見た目は普通の手帳用ペンなのに、両端でシャープペンもボールペンも使えるというところが秀逸。ただ、最近私がシャープペンを使わなくなってきたので、出番は減ってきたかな。ボールペンとしてだけ使うなら、キャップ式になってしまってあまり即応性が良くない。
「頭が出るか」っていうのは、ペンのクリップより上にノック部分が出るか、ってこと。口で言うより見た方が早いわけだけど、
◆ZEBRA :: 筆記具百科 :: 手帳用DX
このゼブラの手帳用ボールペン(シャープペンタイプ有り)は、ノック部の最上部にクリップがついている。そのため、手帳の背などにつけた場合に、上に飛び出す部分がほとんどない。これが意外とすっきりして便利だったりする。これだと、ポケットの中で上から押されても芯が出ない。現在、人に勧めるとしたら、このタイプ。入手しようとするとちょっと探すんだけど。
手帳の限られたスペースに書くために「線の細さ」はやっぱり大切。最近のゲルインキボールペン戦争のおかげか、細いボールペンはかなり種類が豊富になった。
そんな中にあって、よく使っているのがOHTOのニードルポイント。私が使っているのは「木軸 ニードルポイント」の短いタイプのもの。ここも公式サイトの造りがあまり良くないなぁ。
◆商品案内-油性ボールペン4
この木軸ペンはデザインも良く、書き味がよくて愛用している(余談だが、OHTOは性能以上にデザインがいい)。また、さまざまなメーカーにOEMとして提供されているので、SIERRA、DELFONICSなど他社のロゴが入ったものを見た人も多いと思う。
手帳用としては少し大きいのだけれど、実はこの替え芯No.895NPが重要だったりする。これをたとえばSAILOR S-2ボールペンに入れると、コンパクトでニードルポイント0.5mmの素晴らしいボールペンが完成する。さぁきみもNo.895NPを買いに行こう。
こうした改造?は文具好きの間ではよく行われていて、特に4Cタイプと呼ばれるボールペン芯で行われている。軸と芯を自分の好きな組み合わせにすることで、最高の一本を得られる。一手間かけることで、愛着も断然違ってくる。

手帳用ボールペンを選ぶ基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。