汝の云(い)うその南山の竹に矢の羽をつけ鏃(やじり)を付けてこれを礪(みが)いたならば

汝の云(い)うその南山の竹に矢の羽をつけ鏃(やじり)を付けてこれを礪(みが)いたならば、ただに犀革を通すのみではあるまいに
――中島敦「弟子」より

子路が言う以下の問いかけに対しての返答。

南山の竹は揉(た)めずして自ら直く、斬(き)ってこれを用うれば犀革(さいかく)の厚きをも通すと聞いている。して見れば、天性優れたる者にとって、何の学ぶ必要があろうか?

中島敦の文章は明快で歯切れ良く、私の大好きな文章の一つ。

参考:青空文庫

中島敦 弟子

汝の云(い)うその南山の竹に矢の羽をつけ鏃(やじり)を付けてこれを礪(みが)いたならば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です