『お父さんの会社』草上仁

ビジネスメールが怖いのです!
仕事の担当者が変わって、ex-同僚から、まったく知らない人になったのです。
あの人はなんでフル敬語なんだろう。
普通のビジネスピープルは、ああいうメールを日常的に扱っているのだろうか。
もうとにかく怖いのです!
敬語っていうのはなんか丁寧なようで、全然丁寧じゃないっていうか。
たとえば会社と消費者の間のやりとりで、フル敬語のメールっていうのは、
まぁ基本だし、それは当たり前なんだけど、
仕事の業務メールでフル敬語っていうのは、どうしても好きになれない。
なんか、アソビの部分がないのだ。キツキツ。
人生までギスギスしてきそうな気がしちゃう。
これは私がちゃらんぽらんなのでしょうか。


別に「必ずメールにギャグを入れてウケをとろう」とか、
そういうんじゃないんですよ?
普通に丁寧に、分かりやすいメールを書けば、それでいいじゃん。
「受領させていただいた」り、「確認させていただいた」り、
「等につきましては」だったり
「ご連絡させてくださいませ」だったり「ご連絡くださいませ」だったり、
もう、いいじゃん。
「たしかに受け取りました」くらいで、いいじゃん。
「後ほどご連絡しますね」くらいで、いいじゃん。
その方がよっぽど感じよく仕事ができるんですが、どうでしょう。
私がちゃらんぽらんなのでしょうか。

で『お父さんの会社』を思い出したわけです。
「ご連絡させてくださいませ」な日本のビジネスピープルに警鐘を鳴らす、
ビジネスで、ジャパニーズで、ゲーマーで、夫で、
そして、お父さんな、ハートフル・サラリーマンSFです。

◆あらすじ
  主人公の村田は、妻と息子を持つ平凡なサラリーマン。今、
 彼の唯一の楽しみは、家で遊ぶネットゲーム「カイシャ・クエ
 スト」。ヴァーチャル世界で会社員となり、出世を目指すゲー
 ムだ。妻は「家に帰ってまで会社ごっこなんて」とおかんむり。
 だが彼にとって、このネットでの遊びだけが息抜きだった。 
 ある時、村田は、ゲーム内で作成した資料が、現実社会で実際
 の資料として用いられていることに気づく。ゲーム内での情報
 が、現実社会に流出している? 村田は仲間たちと連絡を取り
 合い、ゲームの裏に潜む真相を追う。だが仕事とゲームを行っ
 たり来たりの生活で、家族との溝は深まる一方。家族のために
 こそ会社で、ゲームで、現実で頑張っているのに、どうして分
 かってくれないのか? 苦悩を抱えたまま、事件はクライマッ
 クスへと進んでいく……。

自身、サラリーマンの兼業作家として知られる草上仁の傑作長編。
あらすじだけ書くと深刻なようだが、ゲーム内でのハチャメチャな
冒険もあいまって、草上仁の名に恥じない、ユーモラスな仕上がりになっている。
本の厚さに尻込みしなければ、さらっと読めるはずだ。

この本の中に「日本のビジネスの生産性は恐ろしく低い」という話が登場する。
「知っているかね? 実は、日本のオフィス・ワーカーの生産性は、
 驚くほど低いんだ。ドイツの三分の一、アメリカの二分の一程度しかない。
 サービス残業を入れれば、もっと比率は下がるだろう」
日本人は真面目で勤勉だが、その内容は社内での根回しや調整ばかりで、
仕事の効率を上げることには力を注いでいないのだ、という。
大して役に立たない会議や、上司の尻ぬぐい、メンツ、そんなものに振り回されているのだ。

「ご連絡させてくださいませ」でいいのかニッポン。
楽しみながら、ちょっぴりそんなことを考えさせられる、
素敵な一冊です。


お父さんの会社@Amazon.co.jp

『お父さんの会社』草上仁

4 thoughts on “『お父さんの会社』草上仁

  • 2004-08-26 at 21:03
    Permalink

    いやぁ~
    こいつぁ面白いですな。
    さっそく読んでます。
    まだ半分くらいやけどね。
    そんなことはいいから早くもがみんの
    プロフィール書かないとアカンね……

    Reply
  • 2004-08-27 at 14:56
    Permalink

    おっ。ホントに読んでる人がいる。面白いじゃろうふっふっふ。
    プロフもいいけどトンカツもね!(酒でもいいが)

    Reply
  • 2004-09-02 at 11:17
    Permalink

    なるほど。こりゃ面白そうですね?
    サラリーマン経験0の私などはカイシャクエストがあったらやるだろうなあ(w

    Reply
  • 2004-09-09 at 01:26
    Permalink

    なんかカイシャクエストの中でも出世できなさそうな予感がする自分がカナシイ(笑)

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です