ライターさんのかばん

mixi経由でお邪魔した「障子の穴」というblogに、「職業を想像させるカバン」という題の記事が載っていた。
http://plaza.rakuten.co.jp/ana19740844/diary/200503180001/

触発されて考えてみたんだけど、やっぱりライターを想起させる鞄というのは難しいなぁ。なんせ、ライターの武器というと、基本的にただの事務用品かOA機器である。私の場合で言うと、ノートPC、筆記具(付箋やノート含む)、カッターやのり、クリップなどの文具、そして資料と校正紙。終わり。これでは特徴的な装備になりえない。


私が今、ライターとしてもっとも愛用している鞄は、「WAX BY A.M.O.U」というロゴの入った巨大なディバッグである。友人が、私のむちゃくちゃな要求に応えて見つけてきてくれたものだ。私の出した希望とは、これである。
「B4の用紙が折りたたまずに入るディバッグ」
B4の用紙だけならドキュメントケースでいいんだろうけど、私は不精者なので、両手を空けておきたい。ライターの荷物を何もかも、B4の校正紙まで含めて全部はいるディバッグが欲しかったのだ。
無茶な要求だが、びっくりすることに友人はそれを見つけてきてくれた。やや無骨なデザインだがそれなりにお洒落だし、容量についてはピカイチである。仕事の時にはこいつをかついででかける。たいていのものは入る。仕事の資料をわんさか受け取っても大丈夫。時にはPS2をこの鞄に押し込んで運ぶこともある。何でも呑み込む気っ風の良さが魅力である。素晴らしい。
ポケットが少ないところが玉にキズだが、財布を入れるポケットはちゃんとあるし、最近はNOMADICのSIZE-CASEを入れてインナーバッグとして小物を分けている。

ただ、悔しいことに、どう想像力をたくましくしてみても「ライターらしい」という出で立ちにはならない。せいぜい「都会派クライマー」とかその程度のものだ。

もしかしたら、何も持たずに、デジカメと筆記具だけをポーチに入れて軽々と颯爽と街を往く方が、いわゆる「ライターらしい」イメージなのかもしれない。そんなライター、見たことないけど、いるのかしら。

F1000112.jpg←友人が見つけてくれたWAX BY AMOUのかばん。大きさの対比として置いてあるのはDVDのトールケース。

ライターさんのかばん

2 thoughts on “ライターさんのかばん

  • 2005-03-21 at 11:50
    Permalink

    「障子の穴」のあやねこです。
    トラックバック、ありがとうございました。
     
    大きなディバックを持っていらっしゃるんですね。
    なんでも入れられて、かつ両手を空けられるのは
    魅力ですねえ。うらやましいです。
     
    それにしても、
    荷物が増えていくのは、ライターの運命なんでしょうかねえ。

    Reply
  • 2005-03-21 at 12:02
    Permalink

    コメントありがとうございます! 校了近くの末期的な状況になると、ディバッグにいっぱい詰めて、さらに紙袋も……なんてなことになって、バッグの容量より先に私の荷重限界に近づいちゃったりしますけど。
    運命なんですかねぇ。さらに進化するとキャリーバッグになるんでしょうか。都会派クライマー+キャリーバッグって、やっぱりただの「荷物の多い人」なんですよねぇ……。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です