「この世界のルール」——千と千尋の神隠し


3歳の頃、娘がドハマリしていたのが『千と千尋の神隠し』である。(ディズニー『眠れる森の美女』もよく見ていた)。

一緒に見ているといろいろ考えたくなるのが、この話の面白いところだ。

この世界のルールって何だ?

終盤、こんなやりとりがある。
湯婆々「でも坊や、これは決まりなんだよ」
千尋「掟のことはハクに聞きました」
湯婆々「いい覚悟だ」
ここでは、この「決まり」「掟」について言及されない。

湯婆々と同程度の力を持つ銭婆も決まりについて言及している。

銭婆「あたしにはどうすることもできないよ。この世界のルールだからね」「あんた一人でやるしかない、両親のことも、ボーイフレンドのことも」
この発言は、「両親を取り戻す」と「ハクの真名を取り戻す」が共に「この世界のルール」に縛られていることを示唆している。

(神々を除けば)この世界での実力者の双璧である湯婆々も銭婆も、「世界の決まり」に逆らうことはできない。では千尋を縛り、ハクを縛り、湯婆々も銭婆も曲げられない「決まり」とはいったいなんだろうか?

真名のルール

ハクの真の名に関するルールは、ハク自身から説明されている。「湯婆々は名前を奪って支配する。名前を奪われると帰り道がわからなくなるんだ」これが一つのルールである。

真の名のルールというのは特に『千と千尋の神隠し』に限らず、広く世界で知られた呪的ルールであるから、特に珍しいものではない。

働く者と働かない者のルール

一方、両親に関するルールはもう少し複雑なように思われる。

両親を豚にしたことについて、ハクの説明はこうだ。「この世界では働かないものは湯婆々に動物にされてしまう」

これと対になっているのが、湯婆々の誓いで「まったくくだらない誓いを立てちまったもんだよ。働きたい者には仕事をやるだなんて」

この二つは対になってこの世界を支配している。働かない者は動物にされ、働きたい者には必ず仕事をやる。

両親を元に戻すルール

ただそのルールの中で、動物にされた両親を元に戻す条件が、今ひとつわからない。千尋が与えられた条件は「この12頭の豚の中から、自分の両親を当てる。チャンスは1回のみ。見事当てれば自由になる(契約解除)」というものだった。

なぜ両親を見分けることが契約の解除につながるのだろうか。

千尋がもし失敗した場合には、一体どのような結果が待っていたのだろうか?

その場合、契約書は消滅しないわけだから、千尋は今の待遇のまま、湯婆々の元に止まることになる。同様に両親もそのままであるから、千尋はこの世界に囚われ、元の世界に戻ることはできない。そしてこの結末は、湯婆々でさえ、「どうすることもできない」。それがこの世界のルールだからだ。

その場合の次の問題は千尋が「従業員に止まることができるかどうか」であり、カオナシの一件の後で職場放棄をしたと見なされれば、千尋は従業員に止まることができない。職を失い、「子豚にしてやろう。なはは。石炭、という手もあるで」という結末が待っていることだろう。ただこれは恐らく世界のルールというよりは湯婆々の裁量によるのかもしれない。

[EOF]

「この世界のルール」——千と千尋の神隠し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Show Buttons
Hide Buttons