星新一の創作メモ


星新一の「発想」見えた、下書きやメモ大量発見 : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
ああ、懐かしいな。星新一、子どもの頃から大量に読んでいた。小学生の頃から意味も分からないくせに読んでたよ。棚1つ占領するくらい文庫本を集めた作家なんて、後にも先にも星新一だけだった。僕の原点かもしれない。


最初に読んだのは父の本棚にあった『おのぞみの結末』だったかな。『声の網』なんかは今日的なテーマだと思うのだが。
星新一の構想メモといえば、『きまぐれ星のメモ』が構想メモを元にしたエッセイだったはず。あれも面白かったな。今はどうやら絶版みたいだけど、これを機に復刊すればいいのにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です