Mogalogue

亥の話

あるところに三匹の亥がおりました。 最初の亥は「家を持つ方が面倒だ。旅に出よう」と旅立ち、ジャーナリストとして各地の様子を伝えました。狼はとても追いかけられないと考え、亥を食べるのを諦めました。 二番目の亥は「家を建てる

戌の話

「戌はその夜何もしませんでしたよ」 「それが奇妙だというのです」 探偵は言った。刑事は首を傾げる。 「というと…?」 「侵入者を見つけたら戌は騒ぐはずです。それなのに、まったく騒がなかったということは…」 「そうか! 内