画像ファイルを貼り込めるToBuyリストを作りたい。Wunderlistに落ち着いた


私はRemember The MilkGQueuesToodledoを恒常的に利用している阿呆である。いやバカ。まことTodoバカよのう。リスト作ってないで早くToDo消化しろ、というごもっともな意見は置いといて、ToBuyリストお買い物メモだね)を新しくしようと思い立った。

たまたま、会社で使っているテープのりがきれてしまったのがきっかけだった。人生は何がきっかけになるかわからない。ドットライナーfitsはカートリッジ交換式なので、詰め替え用のテープを買ってくればまだ使える。そこで、品番をメモって買いに行きたい。

現在、私のToBuyリストはRememberThemMilkの仕事である。RememberThemMilkはいたって快適だが、一個不満を上げるなら、添付ファイルは使えない。だから、購入品番をカメラでさくっと撮影してそのままToBuyリストへ放り込む……てなことができないのである。このスマホ時代に。

Toodledoなら添付ができる、と思ったがToodledoは料金プランにヒエラルキーを構成しており、添付が使えるようになるのはもう一個上のゴールドプラン(29.9USD/yr)らしい。いや、そんなに投資できないな。ただでさえ一番稼働率低いのToodledoなんだから。

はここのところGoogleドライブとの親和性を押し出してきており、添付ファイルは使える……が、GQueuesは仕事用に決めているので、そこにプライベートなToBuyリストが入ってくるのは好ましくない。

これ以上有料プランを増やすわけにもいかない。となると、無料プランでも添付に対応しているTodo管理サービスは何だ?

最近話題のTodoist(相変わらずうちのブログにはTodoistで検索して来る人が多数いる)、添付にも対応している……がなんと、誰かとプロジェクトを共有しないと添付機能が解放されないという。やるな、。たかがToBuyリストのためだけに、俺がわざわざTodoist使ってる友人を探す(あるいは誰かを招待する)とでも思うのかッ。見くびるなーッ!

20141202134919

というわけで、やっぱりここは定番のWunderlist。会社の後輩も使っている。これについて記事を書いたのがもう3年も前のことだ。
いまだに名前が読めないToDoアプリが意外と人気らしい – 74th Heaven

会社の後輩も読み方は自信なさそう。ドイツ語風に「ヴンダーリスト」ではないかと彼は言う(私も同意する)のだが、どうやらカタカナ表記されている界隈では英語風に「ワンダリスト」みたいに呼ばれている模様。

iPhoneからWunderlistのアプリを起動し、テープのりの写真を難なく添付。テープのりの表面と裏面、両方をこんがり添付できた。うむッ! Wunderlist苦しぅないッ。

しかしWunderlistのユーザーが非常に増えているのは納得できるのだが、無料プランでこんなに高機能で、どうやってマネタイズすんだろ。いいのか。そんな心配は杞憂なの?

3件のコメント

  1. ピンバック:ToodledoとRememberTheMilkへのお布施を統合する欲求に駆られる - 74th Heaven

  2. ピンバック:いまだに名前が読めないToDoアプリが意外と人気らしい [74thHeaven]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です