守って勝つこと火のごとし――『Kingdom Rush』


WS000045.JPGまとめサイトでフラッシュゲームのオススメをふらっとのぞいて、何か気になった名前を検索して触ってみたら、これが思いのほか面白くてハマってしまい、まる一昼夜遊んでしまった。聞き分けのない中学生かお前は。と思いながらも、被害者を拡散するためにご紹介。

Kingdom Rush | Strategy Games | Play Free Games Online at Armor Games

英語だけど、日本語の攻略サイトを見ながらやれば、英語がわからない人でもたぶん大丈夫。つーか私もストーリーの半分くらいわかってない。

Tower Defense Wiki – Kingdom Rush

 

WS000416.JPG
WS000317.JPG
WS000392.JPG
WS000622.JPG
WS000312.JPG
WS000048.JPG

『Kingdom Rush』はいわゆる「ディフェンス系」と呼ばれるゲームで、王国を魔物の進撃から守り、マップを進めていくというストーリー。

この手のゲームの始祖は『タワーディフェンス』というゲームらしい。敵が近づくと自動攻撃する「タワー」を戦場に効率的に配置して、敵の進撃を食い止めるというのが基本ルール。

なんか、この「自動攻撃」ってところが妙に燃える。かつて『ブリーダー』や『カルネージハート』で培った自動戦闘燃えの精神が、むくむくと。
あれだね。最近でいうと自動攻撃スタンドみたいな感じだね(もう最近じゃないか)。

タワーの自動攻撃にはさまざまな種類が用意されていて、特性を理解していかに効率よく配置するか……ということがキモになる。攻撃できる範囲は限られているし、威力や攻撃頻度も違う。

タワーの設置やレベルアップにはお金がかかり、敵を1体撃破するたびに少しずつお金が入る。与えられた予算の中でいかに効率よく敵を撃破し、資金回収し、次の敵の襲撃(一回の襲撃はウェーブと呼ばれる)に対処するかが戦略性ということになる。

『Kingdom Rush』でもこれらの原則は踏襲されている。
攻撃の手数が多い弓のタワー。レベルアップすると攻撃の速度が上がり、毒矢などの特殊攻撃も使えるようになる。
攻撃は遅いが威力がある魔法のタワー。これは敵の防御力を下げたりすることもできるようになる。
さらに攻撃はゆっくりだが、範囲にダメージを与える爆弾のタワー。いかに敵の密集地帯にこのユニットを配置できるかが大きなポイントになる。
その密集地帯を作るために敵を食い止める兵士のタワー。肉弾戦で敵を食い止め、足を止めることができる。他のタワーとの連携が非常に重要。

これに加えて、非常時に使う2つのアクションが用意されている。一つは援軍で、2名の兵士を戦場の好きな場所に配置することができる。一定時間で消えてしまうけれど、要所に配置することで危機を食い止めることができる。

もう一つは隕石の魔法で、道にいる敵を吹き飛ばす猛烈な威力を持っている。ただし足が速い敵に当てるのは難しく、1度使うとその後90秒は使用できない。

敵の種類も豊富。簡単に倒せるものから、魔法攻撃が利かないもの、足が速いもの、空を飛ぶもの、魔物を召喚するものなど、盛りだくさん。

規定回数の襲撃を防ぎきることができれば、マップクリア。次のマップへ進む。与えられたマップの地形に合わせて布陣を選び、防ぎきれなかったら反省して新たに布陣を練り直す……というプロセスが非常に楽しく、何度も何度もやり直してしまう。

また、グラフィックがきれいで、遊んでいて飽きない。シンプルだけれど動きがよくわかるイラストで、強烈な爆弾や魔法の効果を見るのが爽快。お金はかかるけど、爆弾タワーの最上位のクラスターナパーム弾最強版がばら撒かれた日には、路上に並み居る敵を一撃で壊滅させうる。「焼き払え!」と叫びたくなる強烈なパワー。を、きちんと表現できている演出が秀逸。

ストーリーを進めるための「キャンペーン」をクリアしたマップでは、さらに難易度の高いチャレンジを楽しむ追加要素も用意されている。マップをクリアするともらえる「スター」でユニットの基礎能力を強化できるので、そういう意味でも楽しい。

自動攻撃とはいえ、敵の襲撃に備えてどんどん布陣を増強していかないといけないため、リアルタイム性は高い。もたもたしていると、資金は潤沢なのに敵の襲撃を防ぎきれず敗北、ということも起こりうる。 無駄なく使う。もっとも投資効果の高いところに素早く投資する、ということが大切。

こんな立派なゲームが無料で遊べちゃうんだったら、そりゃゲーム機売れないわな……と思える良作。
最近流行の3Dのゲームからはすっかり遠ざかっちゃったけど、プレステ以前の往年のゲーム好きには、いい時代になったなぁ……という感じです。


そういえば、むかーしにどこかで見つけて、可愛いイラストの、楽しいゲームのサイトを日記で紹介した記憶があるけれど、今頃どうしているんだろう? と思って古い日記を探しました。Evernote偉い。なんとか探し出しましたよ。2002.3.12の日記(まだブログになる前!)でした。

Orisinal : Morning Sunshine

これはねー。ちょっとしたヒマに、遊ぶのに適当です。たくさんゲームがあって、いずれもどきどきするほど可愛いビジュアル。しかも、アクションゲームとしての操作性の良さは、なんともいえずピカイチ。これもまた、オススメのサイトです。

WS000665.JPG

1件のコメント

  1. ピンバック:怪物パレードを食い止める『MonstersTD』にハマる - 74th Heaven

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です