ブロガーの四十男が気になったビジネスリュックまとめ


目次

ビジネス兼用のリュックを購入したい!

ここ数年愛用していたマンダリナダックのリュック。

ついにメインスペースのファスナーが壊れてしまった。レール部分がもう限界に達しており、油断すると引っかかって全開になってしまう。元々開口部が広くて取り出しやすい形状だっただけに、全開はさすがに困る。

ファスナー部の修理に出そうかとも思ったけれど、内張りもだいぶ傷んでいるし、新しいものを買うことにした。調べてみたら2010年の12月に購入したものみたい。6年間毎日毎日使ってこんだけ保ってくれたのなら十分でしょう。お疲れ様でした。

というわけで、自分のことをブロガーだと思っている40男が買いたいビジネスリュックを探してみた。購入基準は以下。

MacBookPro13インチとA4書類が入る

パソコンを持ち歩くシーンが多いので。とりあえずMacBookPro13インチが入ってくれれば、あとのPCやiPadは入るはず……。

今回いろいろ調べてみたら、サムソナイトなんかはMacBookProとiPadと両方入るポケットを用意していてすごいと思いました。両方持ち歩くのなんて私くらいかと思っていたけれど、やっぱりそういう層はいるんだよ!

ミラーレス機(SONY NEX-5N)とかも入れることがあるので、できればマチが広い方がありがたい。

キャリーバッグ用のスリーブまたはベルトがある

この機能を一言で言い表す用語が今ひとつ判然としないんだけど、キャリーオンバッグと呼んでいるサイトもあるみたい。

キャリーカート(以前購入したthinkTANKphotoのエアポートナビゲーター)とリュック、両方を持ち歩くことがある。リュックをキャリーカートに載せたい。リュックの背中に接する面にベルトがあれば、キャリーカートの取っ手部分を通して安定させられる。マンダリナダックのリュックにはこの機能がなく、面倒を感じる場面があった。

キャリーオンのバッグ自体はいろいろあるけれど、キャリーオンで縦型のビジネスリュックとなるとちょいと探すことになる。

長財布が入るポケットがある

長財布をさっと取り出せるポケットがあるといいな……とは思うものの優先度としては低め。

先に総評

カメラバッグがけっこうオススメ

けっこう本気で推したいのはマンフロットのリュック。マンフロットなんてバッグメーカーあったっけ、と思う人もいるかもしれないけど、カメラ用(というかビデオ用?)三脚で有名なとこです。カメラバッグ作ってる。

こと機能性に関する限り、カメラバッグというのはかなり研究されている。内部の仕切りを動かせるもの、サイドや背中側からメインスペースにアクセスできるもの。後述の「かわるビジネスリュック」もカメラバッグの機能を参考にしている部分が大いにある。

最近はカメラ関係もデジタル化が進み、カメラマンがPCを持ち運ぶ必要性が増えたおかげで、カメラリュックもPCポケットを装備しているものが多い。

同じカメラバッグでも、ロープロのバッグなんかはビジネスと言い張るには少々キツイけど、マンフロットのバッグは黒にアクセントの赤が入って、なんとかビジネスバッグと言っても通るレベルのものもある。

ThinkTANK photoも比較的ビジネス調のカメラリュックだけど、残念ながらキャリーオンの機能がまるでない。キャリーバッグもあるし、機内持ち込みを重視した「エアポートシリーズ」もあるんだけど……。

カメラバッグの難点は、保護クッションが入っているおかげで少々収納力が低くなること。これはまぁ、致し方ない。

トップオープンが流行なの?

最近の流行なのか、スクウェア形状のリュックをよく見かけた。前からよくあったのは縦でも横でも使えるみたいなのだけど、そうじゃなくて縦にした時の天面がフタみたいに開くやつ。「トップオープン」とか言うのかな。

街でよく見かけるのはTHE NORTHFACE(ザ・ノースフェイス)だけど、ace.GENE(エースジーン)とかでも採り入れている。

サイズの基準

私は物持ちなので、リュックはたいてい大きくなる傾向。お洒落なリュックは小さいのが多いみたい。

あれこれ見ていると、リュックで縦40cmが一つの基準かなー、という気がする。それを超えると容量重視のものが増えてくる。

さて、ではここから本編。

ビジネスリュック(または、そう言い張ったら通りそう)

かわるビジネスリュック

かわるビジネスリュック – SUPER CLASSIC

知人が「ブロガーの人がオススメしていた」と教えてくれたのがこれ。有名ブロガーを巻き込んで作っていたやつですね。私もチェックしてました。

2スペースにもできるし、大物を入れる時には仕切りを動かして1スペースにも……という貧乏性機能的な感じがブロガーらしい。私もこういうの割と好きです。

PCポケットが外側、iPadも外ポケットということで、両方入れるとちょっとごつごつしそうかな? 背中に当たるから非推奨のようですが、背中側のA4書類入れにPC入れてみてもいいかも。

実物を触れるスケジュールも公開されている。表参道かぁ。
「abrAsus 取扱店」 SUPER CLASSIC ストア

外観がちょっとふにゃとしているのがちょっと気になるかな。

Victorinox(ビクトリノックス) Constantine

ツールナイフで有名なビクトリノックス。かちっとした造りがかっこいいリュック。

最近のリュックではあまり見かけない、両脇に貼り出したポケットが個性的でキュンとします。画像の印象よりも大きめ。タテ48cmxヨコ35cmxマチ17cm。

背負うとこんな感じらしい。

B011NEOLMO

PCポケット、キャリーオン、財布ポケットと条件を満たしている。

Victorinox(ビクトリノックス) Business Backpack

Constantineのフォルムが個性的すぎると感じたら、ビジネスバックパックが良さそう。

Victorinox(ビクトリノックス) Business Backpack

これもPCポケット、キャリーオン、財布ポケットと条件を満たしている。

Manfrotto(マンフロット) MA 3N1 バックパックL CA

MA 3N1 バックパックL MA-BP-TL-CA | Manfrotto

ビジネスと言い張るにはギリギリかな(汗) 14リットルと9リットルの2サイズある模様。外形寸法の割に14リットルは少なめだけど、カメラバッグはクッション入ってるからね。

フロントの下側(あるいは側面)からメインのスペースにアクセスできる。上側からもアクセス可能。仕切りはジッパーで固定されていて、完全に分けることもできるし、開くこともできる。PCポケットは上側から。

ポケットはやや薄手だけど、上側のスペースに財布入れればいいかな。下側の気室だけで私のモノが全部入るかやや心配。14リットルだからなぁ……。

PCポケットは上側から下側まで貫通する形で入っている。マンフロットのバックパックは見た限り全部キャリーオンのベルトがついていて、そこは徹底しているみたい。

Luft Design(ルフトデザイン) Bros BackPack

ルフトデザインも、カメラ関連グッズのハクバが作っているカメラバッグブランド。
ルフトデザイン ブロス バックパック – ハクバ写真産業
ハクバ、水に強いカメラバッグ「ルフトデザイン ブロス」 – デジカメ Watch Watch

見た目少々安っぽいかもしれない。事実、価格帯1万円を切っていてお安い。が、侮るなかれ、機能面ではなかなか揃っている。

やや安っぽく見えるのも、上の記事によれば防水性の強い素材を使っているとのことらしいので、電子機器の多い私にはなかなかいい。

キャリーオンのベルトも装備。この価格帯では貴重。

サイドからメインスペースへのアクセスも可能。予算のない20代だったらこれ買ってたなぁ、きっと。外観がスクエアでおもしろみが少ないかな。でも価格と機能のバランスはいいと思う。

case logic(ケースロジック) Reflection FLXB–102

カジュアルデザインて書いてあるけど、これビジネスで使ってたらダメかなあ。わたし的にはオッケーな範疇。

中央からぽっきり折れる独特のデザイン。新聞紙面とかで言うハラキリってヤツですか。上側のスペースに入れるものは気をつけないと、ぽっきりやった時にぶつけちゃいそうだな(汗)

Case Logicの鞄はLuminosityというタイプにも中央から折れるデザインのがあり、ボトムズの降着形態を見た時のような衝撃が。
Luminosity大型デジタル一眼レフ・カメラスプリットパック – Case Logic

残念ながらキャリーオンのベルトなし。

samsonite RED(サムソナイトレッド ) ANY TIME BACKPACK

某百貨店の店頭で見てなかなかよかったのがサムソナイトのカジュアルレーベル、サムソナイトレッド。カジュアル向けとは言いながら、これはビジネスでもいいんじゃん、という感じ。

店員さんは「人気で、一時期品薄だったのです」と言っていたが、Amazonも在庫切れを起こすレベル。

キャリーオンのベルトがついているのが良い。PCポケットもあるし、背中に接する部分には小さな隠しポケットもあるなど、収納効率も良さそう。

今、リュックがない間に利用しているのが、これも数年前に入手したサムソナイトのショルダーで、やや小ぶりながら長く愛用している。両方サムソナイトってことになると、サムソナイトファンだと思われるかな(自意識過剰)。

選外(カジュアルとか)

Victorinox(ビクトリノックス)Corbusier

国立西洋美術館が世界遺産になったことだし、「コルビュジエ」もなかなか……。
コルビュジェ | ビクトリノックス・ジャパン

 

ポケットが多く、収納は便利そう。ただキャリーオンの機能がないみたい。実物どこかでチェックしたいな。

Manfrotto(マンフロット) Travel Backpack

MA トラベル バックパック | Manfrotto

形状と言い、グレーのラインといい、ビジネスと言い張るにはちょっとこれは無理があるかしら。20リットルとそこそこの大きさがあっていいんですけれど。

PCはサイドから背面側に入れるようになっている。マンフロットなのでもちろんキャリーオンのベルト装備。

ThinkTANK photo(シンクタンクフォト) Perception Pro

本当はマンフロットの赤よりもThinkTANKphotoの青の方が好き。

でもthinkTANKphotoのリュックにはキャリーオンのベルトが一切ないのよね……エアポートシリーズにくらいは、あった方がいいと思うんです。

Artisan & Artist(アルティザン&アーティスト) Red Label

昔ファッションに詳しい知人に「もがみさんにはまだ早い」と諭されたArtisan & Artist(アルティザン&アーティスト)

かっこいいリュックは憧れますが、ちょい小さいのよね……もっと大人になってからにします(永遠に無理かもしれない)。

アルティザン&アーティストRED LABELのリュックもなかなかいいけど、これはビジネスと言える外観ではなさそう。

Bianchi(ビアンキ) リュック

この辺から完全に「」とか「キャリーオン」とか離れてきちゃうんだけども。

ビアンキのリュックは、容量あってなかなか素敵でした。

アクセントカラーの使い方とか、お洒落でいいなぁ。

Amazon | [ビアンキ]Bianchi リュック リュックサック デイパック スクエア メンズ レディース TBPI–08 bianchi–033 (ブラック) | タウンリュック・ビジネスリュック

この辺の黒なら、ビジネスでも許されるかしら。

YAKPAK(ヤックパック) RECTANGULAR RUCK SACK

あっけらかんとした大容量でよかったのはYAKPAK(ヤックパック)のラックサック。

シンプルにぼこっと大きいものを入れるなら、候補になるかも。

Manfrotto(マンフロット) Street コレクション

こちらのページで絶賛されているリュック。
万能かも?リュックカメラバッグThule Covert DSLR Backpackレビュー | studio9

マンフロットなのでキャリーオンのベルトも装備。上と下からアクセスでき、仕切りもしっかりしている。ビジネスっぽい感じはしないけど、使いやすそう。

NationalGeographics(ナショナルジオグラフィックス) 各種

カメラ量販店で実物見て、デザインが凄いと思ったのがNationalGeographiccsロゴのついたバッグ。マンフロットが制作しているみたい。

NG A5290 レザー中型バックパック

NG A5270 中型リュックサック | National Geographic

NG MC 5350 中型バックパック | National Geographic

バックパック W5071 | NG W5071 | National Geographic

NG RF 5350 中型バックパック | National Geographic

コレクションごとに「アフリカ」「地中海」などネーミングがしてある。他のバッグでなかなか見かけない鮮烈なデザインが心を引いた。ビジネス考えなければ、ありかもなー。マンフロットだから機能性も申し分ないし。

最後のまとめ

というわけで、私があれこれ見て歩いた(りwebで見つけたり)したリュック関連まとめでした。

Victorinox(ビクトリノックス) Constantineかな。今回は。形状の個性、かっちりした安心感、収納力など、いい感じ。ビクトリノックスのナイフ好きだしな。

追記

2016-09-01(木)追記

The Everyday Backpack, Tote, and Sling

これはなかなかよさそう……もしも2016年12月まで待てるのなら(そしてクラウドファンディング製品を信じられるのなら)。個性的だし、機能性も高い。 キャリーオンのベルトもあり、PCポケットもあり、重さを分散する胸ベルトもあり、external carry 、つまり外側に付けて運ぶフックまで装備している。

2017-01-10(火)さらに追記: →デジカメアイテム丼:カメラ+PC機材に便利な多機能バックパック – デジカメ Watch

2016-10-01(土)追記

普通じゃもの足りない人に、機能性スマートバックパック「BACKPAIX」 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)

スマートバッジというLEDのバッジを点灯させることによって、顔文字を表示したり、自転車のウィンカーとして使用したりできるというバックパック。キャリーオンベルトあり。

2016-10-03(月)追記

ザダン バックパック | オンラインショップ | MOTHERHOUSE

「”収納”にこだわった、仕事のためのバックパック。」 キャリーオンのベルトはないけれど、なかなかかっこいい。革製品、て感じ。

2016-10-09(日)追記

#リアル4次元ポケット !変幻自在な最強スマートバッグを日本上陸させたい!(By SLICKSプロジェクト事務局) – クラウドファンディング | Kibidango【きびだんご】

これもキャリーオンのベルトなし。リュックからワンショルダーや手持ちビジネスバッグに変形?する。個人的にはあまり手持ちバッグにしたい時ってないけど……。

シューズ専用ベルト、スーツを入れるカバー、衣類ケースなどビジネス出張を意識したオプション。

2016-12-31(土)追記

BLACK SERIES 3 COMPARTMENT backpack|MOTHERHOUSE

防水/盗難防止機能搭載「Code 10」

(2017-01-11(水)追記) やたら頑丈そう。機能面もしっかりしてる。キャリーオンあり。

英国とスイスのデザイナー発ロールダウンスタイルバックパック 日本初上陸!世界が認めた防水/盗難防止機能搭載 「Code 10」 | GREEN FUNDING by T-SITE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Show Buttons
Hide Buttons